姉キャラは好きですか? その7

1 :名無しさん@初回限定 :2005/08/20(土) 02:40:25 ID:w3/8Ygr4

というわけで、エロゲーのお姉ちゃんキャラについて語るネタスレです。
あのゲームにはこんなお姉ちゃんがいるぜ! とか、この漫画のお姉さん(;´Д`)ハァハァ…などなど。
こういう姉キャラが(・∀・)イイ!!というシチュ、SS書き込みも歓迎しています。
sage進行推奨。
SS等で盛り上がってる時でも、他ジャンルの姉キャラの話をしたい時は気にせず書きこんで下さい。

また、姉萌えゲーが少ないのに嘆いた者達がギャルゲー板の時代に自ら立ち上げた企画、
elder sister princess〜お姉ちゃんの事好きなの?〜
のネタも扱っております。

【前スレ】
姉キャラは好きですか? その6
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/erog/1099227217/

【過去スレ】
姉キャラは好きですか? その5
http://pie.bbspink.com/test/read.cgi/erog/1077033458/
姉キャラは好きですか? その4
http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/erog/1061896562/
姉キャラは好きですか? 今度こそその3
http://www2.bbspink.com/erog/kako/1042/10426/1042612928.html
姉キャラは好きですか? その2
http://www2.bbspink.com/erog/kako/1032/10320/1032084263.html
姉キャラは好きですか?
http://www2.bbspink.com/erog/kako/1009/10095/1009560209.html

401 :お年玉(16/17) :2006/01/05(木) 20:03:39 ID:0VA4BMQs0

あすか「まぁ、あとで貸してくれるならいいけど…」
いつき「というわけで、触ったのね。お姉様にこんな格好させて、無理やり胸を触るなんて……」
弟「えぇっ!?い、いつき姉さんが触らせてきたんだろ!?」
あすか「欲情した弟は嫌がるいつきちゃんを強引に脱がし、わずかな胸を弄んだあげく、自分は悪くない…と」
弟「ちょっとおかしいってあすか姉さんも!!」
いつき「お姉様にこれだけの恥をかかせて逃げるつもり?まぁ、内緒にしてあげないこともないけど…わかるわね?」
あすか「大丈夫、もらったお年玉は全部君のために使うから安心して」
いつき「ところで、あすかちゃん?」
あすか「なぁに、いつきちゃん?」
いつき「『わずかな胸』って言ったよね?」
あすか「…え、私そんなこと言ったかなぁ??」
いつき「…後で覚えておいてね」
あすか「……あ、あの子が逃げた!」
いつき「え!?ちょっと、待ちなさい!!」

・智萌
 いつき姉さんとあすか姉さんから逃げ回る弟。
 ……助けてあげなきゃ。
智萌「…こっちっ!」
弟「え?」
 私は弟を捕まえて隠れた。
弟「と、智萌姉さん!?んぐぅっ」
 …静かにしないと見つかっちゃう!
 私はこの子が声を出さないようにぎゅうっと抱きしめた。
 ……ん、胸に息が当たる…。
智萌「…静かにしてね……まだ近くにいるから」
弟「んーっ、んーっ!」
智萌「ぁん……ぁ、暴れないで……んっ、見つかっちゃう…」
弟「んぐ…」
智萌「……そんなに胸の中で暴れられると……ぉ姉ちゃん…困っちゃうよ…」

402 :お年玉(17/17) :2006/01/05(木) 20:12:01 ID:0VA4BMQs0

弟「……きゅう」
 あ、大人しくなってくれた。
 いつき姉さんとあすか姉さんの声は遠くから聞こえる。…もう大丈夫そうだ。
智萌「もう…安心だよ…………あれ?」
弟「……」
 …気失ってる…ぁ、もしかして苦しかったのかな…。
 ……意識戻るまで動けないよね。
智萌「…ごめんね」
 とりあえず謝って、しばらく何も言わずじっとしていた。
 ……今、二人きりだ。お年玉渡しちゃおうかな。起きたら渡せなくなっちゃうかもしれないし…。
 ポケットに入れておけば気づいてくれるよね。
 私は取り出したお年玉を、弟の胸ポケットに入れた。
智萌「…ぁ、私がつけた痕」
 ふと首筋を見ると、私がクリスマスにつけた痕が残っていた。
 薄くなってるのが少し残念……ずっと残ってくれたらいいのに。
 ……もう一回つけちゃおうかな。一箇所だけだったらわからないよね。
 今は誰もいないし…ちょっとだけ…。
智萌「ちゅぅ……」
 …ついた。
 フフフ、今年最初の幸せ。

403 :名無しさん@初回限定 :2006/01/05(木) 20:16:04 ID:0VA4BMQs0

随分長くなってしまった…。
2つめのとこで、礼子姉さんを呼び捨てにしちゃったので怒られてくる。

404 :名無しさん@初回限定 :2006/01/05(木) 20:51:19 ID:jRFg0WWB0

⊂⌒~⊃。Д。)⊃<大作乙

古畑任三郎の前に萌えるもん読ませやがって!
ニヤニヤして推理できないじゃないか!

405 :名無しさん@初回限定 :2006/01/05(木) 22:20:33 ID:6VT8c9Eu0

>>403

最高です。

406 :名無しさん@初回限定 :2006/01/06(金) 00:18:24 ID:mA3R677S0

>>403
GJ
(;´Д`)ハァハァ

407 :名無しさん@初回限定 :2006/01/06(金) 01:26:33 ID:5l2xqRrQO

GJ!年始から良いモノ読ませてもらいました! ツンデレ礼子姉さんイイ!しかし1番萌えたのは響姉さん。

408 :名無しさん@初回限定 :2006/01/07(土) 21:09:51 ID:tZ/0dLkj0

>>403
大作GJ!全員に、お約束と意外性を持たせる辺りさすがと言えますな
唯姉さんのあしらい方とか、弟の行動にまで手を加えてるし

さて…
ネタが思いついてるときに限って仕事イソガシスorz
近々でき次第ネタ投入しますので待っててお姉ちゃん!

409 :名無しさん@初回限定 :2006/01/09(月) 21:10:06 ID:O24s/YWZ0

かくれんぼにて…
ttp://aneneno.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20060109205932.jpg
ttp://aneneno.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/img-box/img20060109210333.jpg
漫画だけで状況を説明しきれてないと思うので、ロダのコメントも参照してください

姉って、こう、黒いものだと思うんです
猫かぶってない分、素のままというか、自分勝手というか、自分が良ければ手段を選ばないというか
だからこそ、弟から見たら予想の斜め上を行く行動を取られ、そして諸弟にとっては萌えであり…

多分、ほたる姉さんだって、こういう状況に浸れるための思いつきと構想のもと、確信犯でハァハァしてるものだと思いました
黒姉って、萌えませんか?幼馴染み属性がベースの俺にとっては、こういう姉弟的な身近な
じゃれあいの延長みたいな甘え方って、凄くツボに感じます

410 :名無しさん@初回限定 :2006/01/09(月) 22:57:32 ID:6/ckZofK0

黒ほた(*´Д`*)
誰かに見つかっても怒られるのは弟の方なんだろうなw

411 :名無しさん@初回限定 :2006/01/13(金) 00:13:55 ID:AZZeDKlh0

前回真緒姉さんにエロいことをすることを目指したが挫折してしまった俺は
真緒姉さんにエロいことをするためにはどうすればよいのか再び考えた
真緒姉さんにエロいことをするのだからどんなこともできる
手始めに全裸にネクタイと靴下のみで玄関に飛び出す
掃除中の礼子姉さんがホウキを持って呆然としている
礼子姉さんに側転で近づきホウキを奪い取るが人類最強なので気にしない
ホウキをお尻に差込み四つん這いで「北キツネ物語!北キツネ物語!」と絶叫
泣き出す礼子姉さん
だがまだまだ真緒姉さんにエロいことをするにはほど遠い
次はロッテンピッテンサッテンと叫びながら居間に突撃
居間にいた姉さん達はは次々と固まっていくが真緒姉さんにエロいことをするので無視
亜紀姉さんの胸を鷲掴みにし上下運動させながら
「アブトニック!!アブトニック!!」と絶叫
亜紀姉さんはその場で腰を抜かした
確実に真緒姉さんにエロいことをすることに近づく
後ろから襲い掛かってきた陽子姉さんに「アンソニー!会いたかった!」と叫びながら
フライングクロスチョップで突撃。
陽子姉さんがひるんでいる間に屋根裏に
カバディカバディといいながらフェイドアウト
智萌姉さんが拾ってきたまだ目も開かぬ捨て猫を発見したところで意識を失う
あれ、俺何してたっけ?
誰かが「もう大丈夫ですよ」と言って頭を撫でてくれた
俺は泣いた



保守ついでに書いた
謝らないし、反省もしない。

412 :名無しさん@初回限定 :2006/01/13(金) 23:17:06 ID:ZA5TV0x20

>>411

立派な変態です

413 :名無しさん@初回限定 :2006/01/14(土) 21:37:08 ID:McskdLOZ0

>>411
>亜紀姉さんの胸を鷲掴みにし上下運動させながら

異議ありッッッ!
亜紀姉さんの胸は鷲掴みできな(ry

414 :名無しさん@初回限定 :2006/01/15(日) 00:42:50 ID:64cU0E1I0

貧乳姉は
亜紀姉さん・華奈姉さん・礼子姉さんなのかな?

415 :名無しさん@初回限定 :2006/01/15(日) 01:21:03 ID:8j+VMYjz0

絢乃姉さんも乳控えめ。俺は好きだけど(フォロー)

416 :414 :2006/01/15(日) 01:48:32 ID:64cU0E1I0

陽子姉さんも小さいような気がする

417 :名無しさん@初回限定 :2006/01/15(日) 02:14:59 ID:fxJC28WC0

いつき姉さんには勝てまい!
いや、いつき姉さんのスレンダーなモデル体型に勝てる人はいないって意味ですよ?

418 :名無しさん@初回限定 :2006/01/15(日) 04:42:01 ID:6vKD1fmcO

芹奈姉さんは微乳じゃない、美乳だ!と思うよ多分きっと。

419 :名無しさん@初回限定 :2006/01/15(日) 10:13:43 ID:4YqwKjTD0

・・・

420 :名無しさん@初回限定 :2006/01/15(日) 13:07:27 ID:rThRYv6d0

…おまいら、たった今テーブルの下から盗聴器を見つけてしまいましたよ? (((( ;゚Д゚))))ガクガクブルブル
俺は一 足先 に   避      n

421 :名無しさん@初回限定 :2006/01/15(日) 13:08:26 ID:NZLh6pah0

そこそこの乳で有名なほたる姉さんを忘れてますよお前等

422 :名無しさん@初回限定 :2006/01/15(日) 21:58:13 ID:B+IuT2XL0



乳話になると急に書き込みが増えたような気が・・・・・w

423 :名無しさん@初回限定 :2006/01/15(日) 22:07:19 ID:8j+VMYjz0

みんなお姉ちゃんの乳が大好きなんだな

424 :名無しさん@初回限定 :2006/01/16(月) 02:00:22 ID:AeIKdeb6O

お姉ちゃんの乳が好きなんじゃない、お姉ちゃんの全てが好きなだけだ。

425 :名無しさん@初回限定 :2006/01/17(火) 20:47:33 ID:mj7o3oyb0

>>424
いい加減sageくらい覚えろ、携帯厨。

426 :名無しさん@初回限定 :2006/01/17(火) 22:19:48 ID:XWgr1eOK0

芹奈「私の弟ならsageぐらい出来て当然。日ごろの努力が足りないからmail欄を空白にしてしまうのよ」

427 :名無しさん@初回限定 :2006/01/18(水) 14:24:18 ID:PYIPuFxrO

教えてくれてありがとう&ごめんよ

428 :名無しさん@初回限定 :2006/01/18(水) 18:35:37 ID:JiZR36zu0

それはまだ空に竜が飛んでいたころの物語・・・

「ほたる」
自分の名前を呼ばれながら肩を叩かれれば振り返らない人はいないだろう
「なあに?」
ぷに
「・・・・・」
彼女もその例に漏れず振り返った瞬間、すらりと細く綺麗な指に頬を押されていた
要するにいたずらに引っかかったのだ。
「・・・ひっかかった」
いたずらが成功したら、にんまりと笑みでも浮かべてそうなものだが、
そこにいた相手は能面のように無表情の智萌だった。
「と、智萌お姉ちゃん・・・どうしたの?」
「なんとなく」
「ぅう・・・・」
ふだんから何を考えているのかわからない姉の行動に戸惑うほたる。
彼女はこの姉が苦手だった。
―――もっとも気が弱く人見知りの激しい彼女が苦手とするのはこの姉に限ったことではないが
ぷにぷに
「お姉ちゃん・・・やめてよぉ・・・ほっぺたつついちゃ、やだ・・・」
何が気に入ったのか知らないがひたすらほたるの頬をつつく智萌
「・・・・・・・ふふ・・・・・やわらかい」
にたりと実に不気味な笑みを浮かべる智萌。
めったに見られない機嫌がとてもいいことを示す表情だが、
気持ち悪いのでやめて欲しいのが家族の正直な想いである。
ぷにぷにぷに
「・・・・うう・・・きゅう・・・」
そんな笑みをうかべながら無言で頬をつつかれてはたまったものではない。
ぷにぷにぷにぷに
「ぃ、いやぁ・・・・・きゃっ!?」

429 :名無しさん@初回限定 :2006/01/18(水) 18:36:46 ID:JiZR36zu0

慌てて逃げ出そうとするも、少々鈍いところのあるほたるは足がもつれて転んでしまう
しかも、漫画なら「びたん」とでも表現されそうなほど綺麗にきまった。
「大丈夫?」
「・・・ぅん」
そう返事はしたものの、顔を赤くして涙をこらえる様は実に痛そうである。
「痛くない。痛くない。」
「ぁ・・・え、えへへ・・・」
そっと抱きしめ、優しく頭を撫でる智萌。頭を撫でられて痛みが引くわけでもないが
なぜか喜ぶほたる。
「痛くない。痛くない。」
「うん・・・」
「ごめんね」
「ぅうん・・・怒ってないよ・・・・」
「ありがとう」
仲良し姉妹のお話でした・・・

430 :名無しさん@初回限定 :2006/01/18(水) 18:37:29 ID:JiZR36zu0

まじめに書こうと決意し
こんな話もあっていいかなと思ったけど自分の文章力の('A`)にもうだめぽ
やっぱり反省する
っていうか弟出てNEEEEEEEEEEEEEEEEE!

431 :名無しさん@初回限定 :2006/01/19(木) 02:28:47 ID:bCv4YH0MO


………なぜ竜?(;´д`)

432 :名無しさん@初回限定 :2006/01/19(木) 02:54:35 ID:padXLsdz0

されるがままのほたほたと智萌姉さんの不気味な笑み萌え。

……竜と書いて「おとうと」と読むんだきっと。
つまり弟が生まれる前という解釈が。

433 :名無しさん@初回限定 :2006/01/19(木) 03:14:21 ID:+RCwc18W0

お姉ちゃん、ライブドアの株なんか買ってた馬鹿な弟を叱ってください(つД`)

434 :名無しさん@初回限定 :2006/01/21(土) 19:16:01 ID:AlXAWAGc0

流石に呆れて何も言えない絢乃姉さん
軽い放置プレイを実行中の芹奈姉さん
実は自分も大損しちゃってるので何も言えない礼子姉さん

435 :名無しさん@初回限定 :2006/01/21(土) 21:05:17 ID:o2XtIaak0

おしおきと称して様々なプレイを企て、実行に移すもおしおきかごほうびかわかんなくなってきた麻琴姉さん

436 :名無しさん@初回限定 :2006/01/21(土) 22:01:27 ID:DjI+0nSM0

お姉ちゃん達の監理ポストに置かれる弟
大喜びで監理しまくる亜紀姉さん

437 :名無しさん@初回限定 :2006/01/22(日) 18:58:03 ID:yVNMpvPt0

 

438 :名無しさん@初回限定 :2006/01/23(月) 14:11:16 ID:cxL7k1mWO

>>429のようなSSに出てくるキャラはオリジナルなんですか?

439 :438 :2006/01/23(月) 14:12:43 ID:cxL7k1mWO

スイマセン(._.)_ageてしまいました

440 :名無しさん@初回限定 :2006/01/23(月) 14:22:44 ID:U41M+kht0

>>438
私も途中からしか分からないのですがこのスレから誕生した企画のようです。
お姉ちゃんたちの詳しい話は>>2の下2つのリンク先を参照

441 :名無しさん@初回限定 :2006/01/23(月) 14:24:45 ID:cxL7k1mWO

レスありがとうございましたo(^-^)o早速見てみます

442 :名無しさん@初回限定 :2006/01/23(月) 19:45:39 ID:ouuACzeS0

>>438
今の姉ブームが起こる遙か昔、世間が妹妹と囃し立てていた頃に
sisterって姉って意味もあるだろ!と姉萌え同士達が築き上げた某12妹を超える人数の姉軍団

443 :名無しさん@初回限定 :2006/01/23(月) 20:38:57 ID:6Q7sSEDd0

>>432
弟が飛んでいた時代?ww

444 :名無しさん@初回限定 :2006/01/24(火) 10:03:02 ID:whaEGxhM0

なにげに>>436の有様が萌える件について

445 :名無しさん@初回限定 :2006/01/24(火) 19:56:20 ID:56xW9bCB0

っていうか普段から監理されまくりな気がする

446 :名無しさん@初回限定 :2006/01/25(水) 02:13:49 ID:a5ZYcrIl0

監理っつーことは、

「こんちは、弟くん」
「あ、こんにちは。えと、亜紀姉さんの友達のかたですよね」
「そそ。ところで株で大損したんだって?」
「ええ、少し……いや、かなり。
 姉さんたちにも無視されたり怒られたりで」
「そーなの。……慰めてあげよっか」
「え?」
「そうよそうしましょ。亜紀の弟くんだもの、たっぷり慰めてあげる。
 とりあえず歩こうか。こっちこっち」
「あっとと、そんな手を引っ張らないでくださいよー」
「まあまあ。……ねえ弟くん、お姉ちゃんたち以外の年上の女の人って、興味──」

ぴぴーっ

「はいそこ! 弟は監理ポストよ! 交渉禁止!」
「あ、亜紀っ!?」
「亜紀姉さんっ!?」
「禁止! 禁止!」
「きゃあ何投げてるの!? これ、瓜?」
「姉さんひょっとして投げ売りとか浴びせ売りとか言おうと」
「禁止! 禁止!」
「あ、痛い痛い! ちょ、やめてー」
「はいはい取引時間短縮でーす。 弟時間はここで終了ー」
「ああっ礼子姉さんまで」

こんな感じで、よその女にお買いあげされるの防止というわけだな。

447 :名無しさん@初回限定 :2006/01/25(水) 02:41:49 ID:/ZRIPraJ0

ワロスww
そして上場廃止で外出禁止を言い渡される弟、と

448 :名無しさん@初回限定 :2006/01/25(水) 15:16:48 ID:tJDRm8dT0

弟総会では睨みを利かせた芹奈姉さんが取り仕切ります。

449 :名無しさん@初回限定 :2006/01/25(水) 22:47:52 ID:NA/szGCI0

そういや、ホリエモンの件って何が違法なんだっけ?

あ、弟は法律関係ないから(w

450 :名無しさん@初回限定 :2006/01/27(金) 01:38:27 ID:Zlo034Jv0

弟にとってはお姉ちゃんが法律






あるところに、法子ちゃんと律子ちゃんと言うふたりのお姉ちゃんが・・・・
いかん、オチない

451 :名無しさん@初回限定 :2006/01/27(金) 18:48:19 ID:b9AxrEV40

法子お姉ちゃんを「ほうこおねえちゃん」と呼びそうなのはどのお姉ちゃんでしょう?






・・・とりあえず亜紀姉さんは確定で。

452 :名無しさん@初回限定 :2006/01/28(土) 00:16:05 ID:TwN6e68y0

カナ坊は「ほっちゃん」「りっちゃん」て言ってそう。
で、この二人は従姉妹にでもするん?

453 :名無しさん@初回限定 :2006/01/28(土) 00:42:47 ID:glnsftdX0

姉しよ2の追加キャラ二人みたいな位置づけか!

454 :名無しさん@初回限定 :2006/01/28(土) 01:14:20 ID:4Bpasn1/0

法子って…のりこって読むんじゃなかったのか!?

455 :名無しさん@初回限定 :2006/01/28(土) 02:58:53 ID:k0k/o5200

俺ならむしろ17姉持ち弟とは別に2姉持ち弟を設定する

456 :名無しさん@初回限定 :2006/01/28(土) 03:00:47 ID:Mrbfjnrt0

法子で「ほうこ」だったら桑島かな

457 :名無しさん@初回限定 :2006/01/28(土) 22:15:26 ID:vR4n6Dmt0

>>456
え!?あれって「のりこ」じゃないの?

458 :名無しさん@初回限定 :2006/01/29(日) 04:28:18 ID:XLqYNfvd0

「法子」の読みは9割方「のりこ」でおけ。
桑島さんは「ほうこ」みたいだけど…

459 :名無しさん@初回限定 :2006/01/29(日) 13:44:48 ID:HArDzctF0

芹菜姉さんがこれやっとけって
サボると絢乃姉さんに債券譲渡するって
つ【漢字ドリル】

460 :名無しさん@初回限定 :2006/01/30(月) 20:59:10 ID:aEK24OHt0

なんだか盛り上がってるな。ところで、
しすたー・すきーむがなかなかの姉萌え作品だと思ったんだが、プレイしたヒトはいるか?
万里音お姉ちゃんは弟に甘えたいタイプで、料理はニガテ。
脅迫状なんてイチャつくための免罪符。
この内容で脅迫の犯人がお姉ちゃんの自作自演じゃないのはナゼなのかと思うくらいだ。

461 :名無しさん@初回限定 :2006/01/31(火) 01:43:07 ID:MHW7+/gv0

>>460
このスレでゲームの話題なんて久しぶりだね。
プレイしてないから話に乗れないけど、
そんなにいいなら買ってみようかな

462 :名無しさん@初回限定 :2006/01/31(火) 06:29:23 ID:MCnaTS080

>脅迫の犯人がお姉ちゃんの自作自演
奈々姉さんじゃあるまいし・・・

463 :名無しさん@初回限定 :2006/01/31(火) 20:40:00 ID:z+KzbzAF0

>>460
おお、俺もやったよ「しすたーすきーむ」
あの姉はなかなかいい姉だ。
主人公から自分に対する呼びかけにこだわっていて、最初は「姉貴」と呼んでた主人公に
「お姉ちゃんと呼びなさい」と言って従わせるところがいいねw
絵もエロくていいし、エロの比率が圧倒的に姉に偏ってるのがまたヨシ。
ハーレムに不満は残るがね。
……社員みたいだな、俺w
まぁ、最高とまでは言わんが、興味があったら手を出しても火傷はしないのではないかということで。

464 :名無しさん@初回限定 :2006/02/01(水) 00:31:54 ID:Q2/u7GMX0

一つ気になったんだが、主人公の性格はどんな感じ?
こういった作品だとへたれな場合が多いと思うんだけど。

465 :名無しさん@初回限定 :2006/02/01(水) 01:07:21 ID:s/BgSEMU0

http://www.xxx-www.com/bbs/269/image.php?no=14907
先生怒りませんからこのデスクトップの人、正直に申告しなさい。

間違いなくこの中にいるだろうw

466 :名無しさん@初回限定 :2006/02/01(水) 01:26:46 ID:Ww4xr7mL0

>>465
そこは先生でなく「お姉ちゃん怒らないから」にするべきだ!

467 :名無しさん@初回限定 :2006/02/01(水) 01:59:31 ID:YpXxADO50

>>465
ハゲワラwww
ショートカットのゲームジャンルの偏りっぷりがいっそ清々しいw
いや、俺じゃないけど……ホントにw

468 :名無しさん@初回限定 :2006/02/02(木) 19:55:07 ID:E0NnMKra0

>>464
普通……だと思う。
美術部に所属してて、絵を描くのが好きな、どっちかと言うとおとなしめ。
特に厨房とかではなかったと思う。
あのゲームの主人公としてはあんなもんだろう。

469 :名無しさん@初回限定 :2006/02/03(金) 23:18:53 ID:tvZ98l2U0

普通とかいってたら面白くないな>>468

万里音の弟、崎人はツンデレ君。
片思いのアノ娘にシスコンとか思われたくないので、
サキちゃんとか呼ぶな、学校でベタベタしないでくれなんて言っています。
そうはいっても困っているお姉ちゃんを放ってはおけません。
一緒に指令をクリアしていくうちに、姉ちゃんかわいいなんて言い出してしまうのはご愛敬?
お母さんにも最近妙に仲がいいと言われてしまうほどです。

誇張はあるが、まあ嘘ではないだろう。

470 :名無しさん@初回限定 :2006/02/07(火) 21:40:31 ID:OCZk095w0

しかし一般的な姉キャラが自分より年下になってしまって困る

471 :名無しさん@初回限定 :2006/02/07(火) 22:23:39 ID:Frw7Vu1U0

心にいつも弟を

472 :名無しさん@初回限定 :2006/02/08(水) 20:02:54 ID:mghlCPBz0

皇族お姉ちゃん
14歳くらい年上

473 :名無しさん@初回限定 :2006/02/09(木) 04:03:54 ID:678ij7eZ0

菊水発動の悪寒・・・

>>472よ、無茶しやがsだhr。、bs・l
何だね君たちはこんな夜遅く靴ぐらい脱いだら;d:sxft¥ふじこl。rdsj@

474 :名無しさん@初回限定 :2006/02/09(木) 08:51:55 ID:EqasCyIb0

「茂名仁さん、いつまで起きているんですか。
明日は大事な○○○○の日ですよ?」
「もぉ〜うるさいなぁ。まだ10時なんだから平気だよ。ボクだって子供じゃないんだから…」
「うふふふ、何を言ってるんです。
つい最近までオネショ癖が治らなくて、女中さん方に迷惑をかけていたでしょう?」
「な、なんだよそんな大昔の事っ!
ボクは将来○○になる男だぞっ、偉いんだぞっ、馬鹿にすんなよっっっ」
「いくつになっても、何になっても、茂名仁さんは私にとっては可愛い弟です。
さぁ、今日はもうおやすみなさい?」
「ううぅ……わかったよぉ。
……おやすみ、マ○姉さん」
「はい、おやすみなさい」







(またカ○姉さんが布団に入り込んでなきゃいいけどなぁ……)

475 :名無しさん@初回限定 :2006/02/09(木) 09:57:06 ID:bnlD2BbfO



476 :名無しさん@初回限定 :2006/02/13(月) 23:17:33 ID:9CBwTadD0

投下出来得るモノになるか微妙な陽子姉さんエロSS書きつつ保守

477 :名無しさん@初回限定 :2006/02/14(火) 05:07:49 ID:ziyzB7EQ0

>>474書いたオレが罪滅ぼしに保守。

478 :名無しさん@初回限定 :2006/02/14(火) 19:22:10 ID:EuxH8pSgO

バレンタインだから何かSS投下されてると思ったのに…


もうこのスレは終わったのか…!?





悔しいからage

479 :名無しさん@初回限定 :2006/02/14(火) 19:44:13 ID:cHBZW5fB0

お尻好きの方
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/sports/16884/1114745679/10


480 :智萌バレンタイン(1/5) :2006/02/14(火) 21:44:33 ID:CBojkjD10

「…ぁ、まだ起きてたの?」
 夜中にテレビを観ていたら、智萌姉さんに声をかけられた。
「うん、観たいテレビがあったから。智萌姉さんは?」
「ぇと、ちょっと眠れなくて……隣座ってもいい?」
「いいよー」
 智萌姉さんが僕の隣に座った。
「……ぇと、その、ぁのね」
 姉さんはちらちらと僕を見ながら何か言おうとしている。
「何?」
「…ぁ、明日も学校だから…早く寝ないとね」
「うん、これ観終わったら寝るよ」
「…ぅん…じゃなくて、ぉ、おなか減ってない…?」
「大丈夫だよ」
「……そう」
 姉さんがため息をついた。僕、なんか答え間違えた…?
「え、えっと、やっぱりちょっと減ってきたかな?」
「……」
「あの、智萌姉さん?」
「……ぉ姉ちゃんに気使わなくてもいいよ?」
「全然使ってないよ」
「…ぇと、じゃあ、これ食べる?」
 姉さんは綺麗にラッピングされ、赤いリボンがかかった小さい箱を出した。
「え、これ何?」
「……チョコ。……バレンタイン」
「あ、そっか。もう0時過ぎてるし14日だね。ありがとう!」
「…どういたしまして」
「食べていいの?」
「…いいよ」
 包装を剥がして箱を開けると、中にハート型のチョコが5粒入っていた。
「美味しそうだね」

481 :智萌バレンタイン(2/5) :2006/02/14(火) 21:46:30 ID:CBojkjD10

「ぅん…美味しいと思う……はい、ぁーん」
 智萌姉さんがチョコを一粒つまんで僕の口に持ってきた。
「えっ、じ、自分で食べられるよっ」
「……食べないなら…ぁげない」
 智萌姉さんが僕の顔を覗き込むようにして、じっと見つめてきた。
 ちょっと強気に目を合わせてくる時は、智萌姉さんのエンジンがかかってきた証拠だ。
 …逆らったら本当にくれないかも。
「た、食べるっ」
「フフ……ぁーん」
 また口元に近づけられたチョコを今度は口に入れる。
「……」
「…ぃぃ子ぃぃ子」
 智萌姉さんが僕の頭を撫でてくれた。楽しそうだけど…何がいい子なんだろう。
「こう…くっついて頭撫でられてると、甘えてるみたいで恥ずかしいんだけど…」
「ぉ姉ちゃんは…甘えてくれた方が……ぇと、美味しい?」
「うん、美味しい」
「…そっか…よかった」
「こうやってチョコもらうと、バレンタインにチョコいっぱいもらえる人なんかが羨ましいよね」
「……ぅらやましいの?」
「僕なんか、ほとんど姉さん達からしかもらったことないし」
 本当にもう毎年不自然なほどにチョコがもらえない。
 義理チョコくらいあってもいいのに、それすらここ数年はない。
 昔、女の子がクラス全員に義理チョコ配ってた時にも、偶然1個足りなくて、さらに偶然僕が足りない分に当たったくらいだ。
「ぉ姉ちゃんのだとダメ?」
「え、ダメじゃないよっ。ただもらえたらいいなぁって」
「……ぁの、も、もし、ぉ姉ちゃん以外の女の子がチョコくれたら…嬉しいの?」
「うん。ほとんどもらったことないし、嬉しいよー」
「…ぉ姉ちゃんのとどっちの方が嬉しい?」
「ええっと、両方とも同じくらい…かな?って、もらってないから比べられないと思うけど」
「……」

482 :智萌バレンタイン(3/5) :2006/02/14(火) 21:47:01 ID:CBojkjD10

 急に黙ってしまった。僕また間違えてるみたいだ…。
「と、智萌姉さん?」
 姉さんは無言でチョコを1粒、自分の口に運んだ。
「……ぉ姉ちゃんのこと…好きだよね?」
「え?う、うん、好きだけど…?」
「ふぅ…」
 小さく息をつく智萌姉さん。…どうしたんだろう?
「あの、智萌ね…んぐぅ!??」
 な、なな何っ!?智萌姉さんの顔が目の前にっ!!
「ん…ちゅぅ…んくっ……ちぅ…」
 ちょ、チョコ口移しされてるっ!?姉さんの舌が僕の口内に入ってくる。
 うわ…姉さんの唇柔らかい…熱い舌が絡まってくる……甘くて気持ちよくて、ぞくぞくしてきた…これはやばい。
「んちゅ…ちゅぷ……んぅ…」
 チョコが完全に溶けてなくなるまで、そのキスは続いた。
 唇を離すと唾液の糸がひいて切れた。
「こほっ……はぁ…ぉ姉ちゃんの……チョコの方が……嬉しい…よね?」
「はぁはぁ……ぅ、ぅん」
 どうしよう恥ずかしいやら照れるやら、よくわからないけどとにかく智萌姉さんの顔を見れない。
 頷くのが精一杯だ…。心臓が信じられないくらいバクバクしてる…。
「……ぁ、赤くなってる…かわぃぃ…」
「だ、だって……姉さんがいきなり…その……してくるから…」
「……フフ…ぁ、ぁと3回…できるよ?」
「う、うん…」
「……でも続きは…また今度ね。ぉ姉ちゃん、もう寝るから」
「え?えっと、あの、おやすみなさい」
「…ぉやすみ」
 智萌姉さんはそのまま自分の部屋に帰ってしまった。
 姉さんも顔真っ赤にしてたけど、やっぱり恥ずかしかったのかな…。
 チョコ残り3個か……智萌姉さんと二人きりになる時までとっておこう。

483 :智萌バレンタイン(4/5) :2006/02/14(火) 21:47:45 ID:CBojkjD10


 そろそろ弟が学校から帰ってくる時間だ。
 あの後、あの子はちゃんと眠れたのかな。
 恥ずかしかったから急に部屋に戻っちゃったけど、もしそのまましてたらどうなんてたんだろう。
 そんなこと考えては、どきどきしすぎて結局一睡もできなかった。
 …本当にあの子とキスした。思い出すだけで悶えそうになる。
 他の子のチョコよりお姉ちゃんのチョコの方が嬉しいって言って欲しかったのに、
 同じくらいだなんて言うから、勢い余ってあんなこと…。
 あの子はどう思ったんだろう。やっぱり変なお姉ちゃんだと思われたかな…。
 怖がられちゃったらどうしよう。
 あの子は優しいから怒らなかったけど、本当は私なんかにキスされるの嫌だったかもしれない。
 なんで私は調子に乗るとバカなことしちゃうんだろう。
 普段あんまり話せないせいか、簡単に舞い上がってお姉ちゃんぶったりしてしまう。
 もっとしっかりしたお姉ちゃんになりたいのに。
「あ、智萌姉さん、ただいまー」
「ぇ、ぅ、ぅん……ぉかえり」
 私としたことが弟が帰ってくるのに気づかなかった。
「智萌姉さん、ほらチョコもらっちゃった!」
「えっ!!!?」
 え、まさかチェック漏れ?そんなはずは…。
 その辺の女の子がこの子にチョコを渡さないように全部手を打ってあったはずなのに。
 もしかしたら強敵になるかもしれない。もっと気を引き締めないと…。
「あ、もちろん義理チョコだから心配しないで」
「…そっか」
 義理チョコ…本命だと目立つからカモフラージュしてるのかも。着実に距離を縮めていく作戦…?
「あとで一緒に食べようね」
 …この子がお姉ちゃんだけのものになってくれたら…すごく安心できるのに…。私じゃ無理かな…。
「……ぅれしそうだね」
「うん」
 …キスしたこと忘れちゃったのかな。全然気にしてないみたいだし。
 そのうち他の女の子にチョコもらって嬉しくて、私みたいなお姉ちゃんのことなんか忘れてしまうんじゃないかと思う。
 嫌…すごく怖い。

484 :智萌バレンタイン(5/5) :2006/02/14(火) 21:49:10 ID:CBojkjD10

「チョコもらえたのは嬉しいけど…でも、智萌姉さんのチョコが一番好きだよ」
 弟が少し顔を赤く染めながら言った。
「ぇ?……ぁりがとう」
「えと、じゃ、じゃあ、僕着替えてくるから、後でねっ」
 弟はそう言ってさっさと部屋に行ってしまった。
 …なんだか告白されたような気分。そっか…お姉ちゃんのが一番好きなんだ。
 キス…のことだったりして。
「ふふ……やっぱり可愛い」
 顔赤くしちゃうところなんて特に。
 君のためならお姉ちゃん何でもしちゃうよ。
 もっと頑張ろう。絶対他の女の子になんか渡さない。
 とりあえず来年はチョコの一つもあの子に通さないようにしよう。

485 :名無しさん@初回限定 :2006/02/14(火) 21:52:37 ID:CBojkjD10

一応間に合ったー。
内容は智萌姉さんにチョコ口移ししてもらいたかっただけ。
お姉ちゃん俺にもチョコください。

486 :名無しさん@初回限定 :2006/02/14(火) 22:42:53 ID:SraPy+zs0

GJーー!
俺のチョコ一個あげる つ■
ただしちゃんと食べたあと歯磨きしないとお姉ちゃんに怒られるぞ

487 :名無しさん@初回限定 :2006/02/15(水) 21:25:34 ID:VCEWb4Ks0

>>480-484
GJー つ◆
智萌ねーさんのジャ○ニカ暗殺帳に、またひとつ名が……

488 :名無しさん@初回限定 :2006/02/15(水) 21:48:51 ID:R0hu8jIo0

GJ
チョコもらってないはずなのにめちゃくちゃ甘いよw

>>478
バレンタインのことに気づいて書いたけど、一度同じネタやったことに気づいて消したw
スレが終わったわけじゃないと思うぞ
>>476もいることだしな

489 :476 :2006/02/19(日) 00:22:04 ID:NrfoSGJn0

保守代わりにできたとこまで(=導入部分)でも投下してみるお年頃
没or続投は未定



陽も暮れて照明も落とされ、シンと静まり返る学校の体育館。
構内も非常灯の緑光がぼんやりとその道順を示すだけだった。
だがその中でただ一箇所。女子生徒専用のシャワールームからは煌々とした光が漏れていた。
室内には温水が流れ落ち、床に弾かれて排水溝へと流れる音が響く。
───否。
微かにではあるが、それに混じってくぐもった呼吸音が二つ──。

陽子「はん……ッ…んむ……、んん……」
弟「んっ…んちゅ……、ちゅぷ……」

姉は弟の首へと腕を回し、弟は姉の腰を抱き締め、隙間など作るものかと強く密着していた。
シャワー室に着衣のまま入るわけもないので、当然二人とも全裸である。
背中をまさぐり、素肌を晒した胸を押し付け合っては腰をくねらせる。
水に濡れた陰毛の感触を滑り込ませた互いの太股で楽しみながら、性器を刺激し合う。
引っ切り無しに水流が二人の頭上から降り注いでいるが、構うことなく口付けを続ける。
次第にその動きは激しくなり、漏れる吐息も深く熱いものに変わっていく。
互いの咥内で舌を踊らせ、唾液を交換し合う。
呼吸のため暫し顔を離して数センチ、いや数ミリ距離をとるが、唇は離れても中空で舌を絡ませ合う。
熱に浮かされたような視線が重なり、やがて深い口付けは再開される。

490 :名無しさん@初回限定 :2006/02/19(日) 00:22:46 ID:NrfoSGJn0

陽子のくびれた腰に回されていた弟の手は徐々に降りて行き、無駄な肉のついていない──
かつ、女性的柔らかさを保つ美尻を揉みこんでいく。
指を食い込ませたりして、ぐに、むにぃ、と自在に形を変える柔肉を楽しんでいるようだった。

陽子「んふふ……♪ やぁん…、くすぐったい…♪ んむ……ちゅ…♥」

むずがるものの、嫌がるそぶりはない。むしろ意趣返しというべきか。
弟の硬くなりかけてきた男根に対して、弟の後ろから回した手を添えてしごきあげる。

弟「ぷは…ッ! ちょっ…姉さん!?」
陽子「よくもお姉ちゃんのお尻で好き勝手してくれたな〜?
   だ・か・ら、おしおきだ〜! うりうり〜♪」

ぐにぐにと握ったり掌で擦ったりするうちに、男根は充分な大きさに膨らんでいった。
それでも陽子は一定のリズムで責め続けている。

弟「…随分と…気持ち良いお仕置きだなぁ……。
  それにしても、ずいぶんえっちになっちゃったね…。
  いや、もとから素質はあったんだよね? 最初っからあんなことしてたぐらいだし。」
陽子「そ、そういうことは言わないの! もぅ、君のほうがずっとえっちだ!!
   こんなえっちな弟には、もーっと厳しいお仕置きしないと…♥」

言うなり拘束を解いて弟に跪き、根元をきつく握る。
とりわけ精管を親指で強く抑えて、勝ち誇ったように弟を見上げる。

陽子「ふっふー。そう簡単にはイカせてあげないんだから……、覚悟しなさい?
   それじゃぁ…、いっただっきまーす♥」

491 :名無しさん@初回限定 :2006/02/19(日) 00:23:42 ID:NrfoSGJn0

あーん、と大口を開けて弟を一気に飲み込み、頬を窄めて前後に大きく早くストロークする。
全身を日頃鍛えている陽子ならではの激しいフェラチオだった。
じゅぷっ、じゅぶっ、と口の端から涎と共に卑猥な水音を立てて、荒くなる鼻息も気に留めず、一心に愛撫を続ける。

陽子「んっ、んふっ♥ ん゙むっ、んぶっ、ん〜〜♥」

テクニックも何も無い、激しいだけのフェラチオ。
しかしただ単に激しくストロークするだけではなかった。
窄められた口はそのまま──つまり、咥内を限りなく真空に近づける吸引を続けたまま、その前後運動を行っているのだ。
その締め付けのきつさに加え、咥内の粘膜の柔らかさが常に先端をにゅくにゅくと別の生き物のように絡みつく。

───正に御仕置だった。
これほどの刺激を受けて快感が高まらないわけが無い。そして当然のように射精感も、である。
弟も初めは我慢はしたものの、快楽の大波には抵抗出来得る筈も無く、堤防は呆気なく決壊した。
達したのならば後は精を放出するだけ───だが肝心の根元は陽子に抑えられたまま。
込みあがる精液は親指に堰き止められ、行き場を失ってしまった。
その絶頂を確認してか。ぴたりと首の動きを止めて、頭上の弟へと視線を送る。無論、口には咥えたまま。

492 :名無しさん@初回限定 :2006/02/19(日) 00:24:43 ID:NrfoSGJn0


陽子「(出したい?)」

その視線の意味を感じてか。一つ大きく息をついて、絶頂の余韻で赤らめた貌を向ける。

弟「……陽子姉さん、の…口に……出させて……ください……。」
陽子「(よろしい♥)」

にぃ、と目を細め、彼以外誰も見たことの無い淫蕩なオンナの笑みを浮かべて、指の拘束を解く。
そして精液を誘導するように再び律動が再開され、間も無く陽子の咥内目掛けて熱い精液が流し込まれていった。

陽子「んっ……♥ …ンふ……ッ♪ ……ンク……ッ、ング……。
   ───ふう……っ…。ごちそうさま♥ 反省しましたか?」
弟「…お粗末さまです……。反省、しました…。」
陽子「うん、よろしいっ♪ それじゃあキレイにしてあげるね♪」

そうして萎え始めた陰茎に口を近づけ、舌を這わせてこびり付いた精を舐めとっては嚥下していく。
先ほどの激しさとはうって変わった丁寧な奉仕だった。
陽子自身も先程の口撃で疲れたのか、それとも高ぶったのかは窺い知れないが、頬を朱に染めていた。
その様は実に扇情的であり、今までの彼女からは想像もつかない痴態であった。

弟「(でも、まさかこんなことになるとは──────)」

493 :476 :2006/02/19(日) 00:36:35 ID:NrfoSGJn0




という感じで序章終了

494 :名無しさん@初回限定 :2006/02/19(日) 00:47:25 ID:gKaiI6k10

>>489
むは〜、最高ッス

>没or続投は未定
こんなので止められたら生殺しですよ

495 :名無しさん@初回限定 :2006/02/19(日) 15:06:10 ID:Bo9DLIhe0

昼間っから勃起しちゃったじゃないか
こんなの真緒姉さんに見られたら卒倒される(泣

496 :476 :2006/02/21(火) 20:34:57 ID:wAhvJRnJ0

>>494,495
dクス
思ったより好評なようで何より
んじゃ続きをダラダラしながら書いていくんで、期待しないで気長に待っといてくだせぇ



つーか人いねぇなあww

497 :名無しさん@初回限定 :2006/02/21(火) 22:41:38 ID:z/GA8Dr+0

>>496
10人ぐらいしかいないんじゃないかな?
なんか話題やネタがないと盛り上がらないし

498 :名無しさん@初回限定 :2006/02/21(火) 23:47:44 ID:wAhvJRnJ0

>>497
ならば時事ネタでもやるかね


トリノオリンピック記念緊急企画! お姉ちゃんおりんぴっく(略して姉ピク)♥

弟「というわけでスケート場に来たわけですが。」
遥「よーし、すべるぞー♪ いっくぞー!」     つるっ べたぶるるん
弟「は、遥姉さん。大丈夫?(つーか今、ありえねー揺れが!?)」
遥「ううぅ……いたい…。でも負けない!」     つるっ ぼてぶるるるん
弟「(え、えらいこっちゃ…! 転ぶ度に乳が、ちちが、オパーイが!! …いやそうじゃなくて。)
  遥姉さん…、ひょっとしてスケート滑れないの?」
遥「ぇううう…、そんなはっきり言わないでよぉ〜…。」
弟「ゴメンゴメンwwwそのままだとお尻冷たいでしょ? ホラ、僕に掴まって立って。」
遥「…うん…、ごめんね? …んっしょ。」  ぷにょ♥
弟「((*゚∀゚*)キタコレ!!!)そ、それじゃあ、そのまま僕につかまっててね! そしたら滑れるから!」
遥「うん、お願いします♪」

−獲得メダル=金 姉さんのおっぱいは世界一−

499 :名無しさん@初回限定 :2006/02/22(水) 03:40:31 ID:c4UbgMjM0

トリノオリンピック記念緊急企画! お姉ちゃんおりんぴっく(略して姉ピク)♥

弟「姉さん何見てるの?」
響「……オリンピック」
弟「あ、一緒に見せて〜」

弟「それにしても、時差があるから寝不足になっちゃうね」
響「…………」
弟「あれ?姉さん?」
響「すー」コテン
弟「姉さん寝てるの?珍しく安らかに寝てるね」
弟「ふぁ〜あ。なんだか眠くなってきた。一緒に寝ても、いいよね……?」
響「ぅ……ん……」
弟「おやすみ、姉さん」

−獲得メダル=金 世界一の寝顔−

500 :名無しさん@初回限定 :2006/02/22(水) 21:55:48 ID:DSDDqy9E0

トリノオリンピック記念緊急企画! お姉ちゃんおりんぴっく(略して姉ピク)♥

弟「はー…、スキーも結構面白いなー。」
陽子「どしたの? 休憩中?」
弟「うん、ちょっとね。一緒に滑ろっか?」
陽子「いいの? それじゃあねぇ、ちょっと面白そうなコース見つけたから、そっちで滑ってみない?」
弟「うん、別に良いよ。行こ♪」

陽子「それじゃ、いってらっしゃーい♪」  どんッ
弟「こ……これは…エアリアルってやつですかーーーーーーー……!!」
陽子「おぉー! すごい高い! 回ってる回ってる! かっこいーよー!!」

−獲得メダル=金 世界一の恐怖体験−

468 KB