姉キャラは好きですか? その7

641 :陽子姉さんSS :2006/05/22(月) 01:40:55 ID:dayxYXXl0

射精の興奮が冷めて行くと共に、次第に萎え始めた肉棒を引き抜こうとすると、
陽子はそのしなやかな脚を弟の腰に絡ませて彼を制した。

弟「…? 陽子姉さん…?」
陽子「…だめ……、まだぬいちゃ……いや……」

自らの中を満たしていた弟自身が引き抜かれようとした瞬間、言い様のない喪失感が陽子を襲っていた。
弟もそんな潤んだ瞳で懇願されては抗うこともできなかった。
彼女の望むように、素肌の下腹部を押し付け合い、互いの熱と重さを共有する。

陽子「え…へへ……。私たち…えっち…してるんだね…。ほんとに…セックス…してるんだ…。」
弟「…そうだね……。僕は今、陽子姉さんの中に、居るんだね…。」
陽子「そう言われると、なんだか体の中がヘンな気もするけど…イヤじゃないなぁ…♥」

その言葉、その淫美な微笑みにどきん、と胸が高鳴り、萎えかけた欲情にも再び火がついた。
下腹に充填され始めた熱は陽子の中で縮み始めていたモノにも伝わり、
膣肉をじわじわ押し広げながらその大きさを取り戻していった。


(つづく)

468 KB