オーガストワールド総合

1 :名無しさん@初回限定 :2005/09/14(水) 02:33:22 ID:p7QC/f/y0

ここは、オーガスト作品に出てくるSF設定の総称にして
シナリオの肝のワールドについて話すスレです。

◇オーガスト公式
http://august-soft.com/

◇メーカースレ
オーガストスレ96
http://idol.bbspink.com/test/read.cgi/hgame/1126445727/

101 :名無しさん@初回限定 :2005/11/04(金) 23:38:03 ID:RZ/DsSAt0

早稲田にゆいにゃんと真優来るけど行こうぜ。
ttp://animeseiyukai.fc2web.com/
ここって去年もイベントやってたよな。
行く香具師いる?

102 :名無しさん@初回限定 :2005/11/05(土) 16:28:39 ID:Z/i8bqv20

宣伝乙

103 :名無しさん@初回限定 :2005/11/12(土) 04:18:34 ID:1GEiaLqh0

   

104 :名無しさん@初回限定 :2005/11/13(日) 22:55:22 ID:7IVAlM9u0

過去・現在・未来へと続く物理法則に逆らって、過去から未来へ転移する事をウラシマ・エフェクトといい、
その時の影響によって超能力を身につけた者を、人はウラシマンと呼んだ・・・けどね。

未来警察ウラシマン (1983年1月〜フジテレビ系で放映開始)
 原因不明の事故で1983年から2050年の未来都市ネオ・トキオへタイムスリップして名前を含む記憶まで失った
 青年は、ウラシマンとして巨大犯罪組織ネクライムに狙われるも機動メカ分署マグナポリス38に助けられ、
 そのまま「ウラシマ・リュウ」という仮名をつけられ刑事としてネクライムと戦う事に。
 やがて年老いたネクライムの総統フューラーの体にある傷跡と全く同じ傷跡が自分の体にも存在する事から、
 リュウがフューラーと同一人物(過去のフューラー)ではないかと疑われるのだが・・・

月は東に日は西に (Windows版(18禁):2003年9月発売。アニメ版:2004年6月末〜AT-X等で放映開始)
 原因不明の事故で100年後の未来へタイムスリップして名前を含む記憶まで失った少年は天ヶ崎美琴に拾われ、
 彼女の弟・祐介として一緒に暮らす事に。
 やがて謎のウィルス「マルバス」による奇病で美琴の両親が逝去して祐介も同じ病にかかった事がきっかけで
 美琴と祐介は離れ離れとなり、各々別個に丁度100年前の過去へ避難する。
 そして避難先の蓮美市にある蓮美台学園で美琴が出会った久住直樹が祐介と瓜二つで声や体の傷跡まで
 一致する事から、祐介が直樹と同一人物ではないかと疑われるのだが・・・

105 :名無しさん@初回限定 :2005/11/20(日) 01:47:46 ID:wfN8H5g00

 

106 :名無しさん@初回限定 :2005/11/27(日) 10:22:04 ID:ryxouo8C0

 

107 :名無しさん@初回限定 :2005/11/30(水) 16:47:07 ID:u10eZUrp0

誰もいないスレでヒソーリと妄想を…

「月は東に日は西に」と「月は東に日は西に〜Operation Sanctuary〜」
とに同じ学園モノという共通点があるなら(それしかないが…)、
次作の「So What ?」と「夜明け前より瑠璃色な」にも

 いつかは必ず別れてしまう

というテーマが共通しているような
まだぜんぜん始めの方しかやってないけど >あけるり

と、ここまで書いて、So What?世界にはなぜか
さやか姉さんがいたような気がした

誰も該当するヒトはいないんだけど。ぼんやりしたところは阿梨さんに
似てるかな?

108 :名無しさん@初回限定 :2005/12/01(木) 11:36:00 ID:A9i9xzvw0

もう少し餅つけ

109 :名無しさん@初回限定 :2005/12/01(木) 21:52:43 ID:N2p8aLvg0

つ [グレイテストなわたしたち]

110 :名無しさん@初回限定 :2005/12/01(木) 22:23:45 ID:gT/DeMnP0

二日ほどゲームを中断したら、無性にフィーナ姫に会いたくなった。
俺はフィーナが大好きだと叫びたい

>109
フィーナは俺の、ぐれえてすとな女神だぜ 

111 :名無しさん@初回限定 :2005/12/05(月) 21:18:27 ID:xETUBWCT0

長文をヒソーリと。フィーナ一週目の最後の方で気になったのは、達哉もフィーナもあのままでは
ほとんど100%に近い確率で別れてしまうと思っていたわけで。

達哉の方は、「フィーナのおかげで全力を出し切れて満足だ」
のようなヘタレた自己満足なことを試合後言っていたし
練習の最中もそんな悟りを開いていたが、フィーナはどうだったんだ?

もちろん達哉や他の家族も、「自分で夢を断ち切らなければならない」
フィーナの気持ちを考えてはいたけれど、
もしかすると、今までフィーナのたった一つのわがままだったかもしれない
(そして彼女の今後の人生に置いても、唯一かもしれない)願いを
失うことに対する重みは、達哉の自己満足なんかとは比較にならないはずだ。

イヤな言い方をすれば、達哉はフィーナを得られなくても、菜月もいるし今後も自由恋愛ができる。
どこか適当なところで人生をあきらめつつ、それなりに過ごすことは出来る。
でも王族のフィーナは、おそらくはもう二度と出来ない。試合が終わったときの達哉と
フィーナの表情はかなり対照的だと思う。(達哉はそう感じなかったみたいだが)。

フィーナには「最後まで本気であってくれ」と覚悟を即しているのが、
俺には少し達哉が自分のことしか考えてないような気がした。
だからといって何ができるわけでもないし、そしてそれはフィーナに壁を乗り越えさせる
正しいことなんだが…それ故に確かにこの話はフィーナの成長物語なのかもしれない。

まあカレンがあの試験をした理由と結末についてはある程度予測がつくこととは言え:
(というかカレンと始めに直談判したときに、フィーナは正しい答えを言っている)

しかし、あそこで別れて月に帰ってしまうフィーナと、その今後も俺は見たかった。
(と、数日引きこもったときのフィーナのanother viewが欲しかった)
そして、試合後にすべてを飲み込んで、居住まいを正したフィーナが、
この話で一番美しい彼女の姿だと思った。…以上、俺の自己満足オワリ

112 :名無しさん@初回限定 :2005/12/11(日) 18:53:41 ID:MOMdpGg00

ヒソーリと…さやかさんのルートについて愚痴レス

・フィーナルートの「自分の地位を失うかも知れない」という状況下で見せた、
 さやかさんの覚悟と愛情と生き様に比肩するものが見られなかった。
・カレンとの立場をふまえた(または超えた)友情や関係が、フィーナルートに比べてぬるいものに見える
・さやかさんの性格を表す行動が、朝・ソファで寝る・なでる・よく働く・カレンと飲む
 などの分かり易すぎるものばかりで、「設定」では語りきれない性格や気持ちなどが見えにくい。
・例えば「なでる」「食事を一緒にとる」等、家族に対する気持ちは行動として表れているものの、
 その場限りのものにしか見えなかった。はにはにやぷりほりでは得意技じゃなかったのか・・・?
・達哉の若すぎる単純な思いこみがうっとおしい。さやかさんは正論を言っているが、にも関わらず
 館長室であっさり陥落したのが解せない。フィーナルートに比べて安易すぎる。
・家族を大切に思うようになった理由のひとつであろう過去のことが言葉でしか語られていない。
・月へ留学していたという設定がほとんど生かされていない。さやかさんが月で何をしていたのか
 などがわからない。「英国」「アメリカ」等で置き換え可能で、「月」である特徴を見せて欲しい。
 単なる(妹や弟を持つ)働くお姉さんのお話になってしまっている。
・つまり麻衣と達哉とさやかさんという家族の問題に加えて、例えば
 あまり仲の良くない月と地球の交流拠点にいるという立場をもっと生かした話が見たかった。
・どんな家族を達哉と作りたいのかが、見えてこない。フィーナと達哉の場合はシナリオ中に見られたのだが。
・家族への責任(や願い)と自分の願い(や責任)が相反した場合にどうするか・・・が主題の
 一つなのだろうが、さやかさんも周りもセリフで考えていることを言うだけで、感情が伝わってこない。
 短いエピソードでもよくわかったシルフィルートなどに比べれば。
・家族についてならば、はにはにのようにもう少し地に足の着いた日常描写をして欲しかった。
・さやかさんというキャラのポテンシャルが十分に描写されていないようで、残念だった。
>107
さやかさんは阿梨さんと同じく、おでこキャラだ

113 :名無しさん@初回限定 :2005/12/15(木) 21:10:29 ID:zRPuQSx40

  

114 :名無しさん@初回限定 :2005/12/19(月) 02:51:40 ID:H/MQLjeaO

流れに任せて愚痴をひとつ。
ミアルートの達哉はヘタレだと言われてるが、納得がいかん。ミアが残るように説得したら良かったのか?
ミアとフィーナの絆の深さは家族のそれ以上のものがあるし、それを達哉のわがままで引き裂いていいのか?恋愛ってのはそういうもんかもしれないが。
達哉がミアの背中を押すシーンなんかはむしろ漢気があったと思う。そして、最後フィーナがミアの背中を押さなかったとしても、達哉はミアに会う努力をしていただろうと。
まぁ自分の妄想がほとんどなんで、しらんがなと言われればそれまでなんだが。
以上、自己満の愚痴でした。

115 :名無しさん@初回限定 :2005/12/19(月) 07:02:56 ID:Eq1mIzGv0

>114
>ミアとフィーナの絆の深さは家族のそれ以上のものがあるし
>それを達哉のわがままで引き裂いていいのか?
激しく同意する。俺もヒソーリと言いたいことを。

各ヒロインの役目や、やりたいこと(と自分の不甲斐なさ)を認めることこそが、
まず達哉にとってのヘタレでない行動(=責任・役目)の第一歩だと思う。
自分の感情にまかせて、彼女たちをダメにしてしまうことが一番ヘタレだと。
(もっともミアも菜月もそれでダメにされてしまうようなヘタレではなかったようだが) 

ただそれだけと、自分の手の届かないところに行ってしまう彼女たち(菜月も)を
見送るだけになり、各ヒロインにもやっぱり悲しい思いをさせてしまう
(特に恋愛の自由がないフィーナに)。

だから、達哉にとっての立派な行動とは、
 A.各ヒロインの願望・役目や責任を理解する
 B.それと背反するそれぞれの恋愛感情との間に解決策を見出す
ではなかろうか。
A.はかろうじて出来たシナリオもあったが、B.まで達哉に望むのは酷だったか。

この各ヒロインの役目・責任・やりたいことと、恋愛に対する気持ちとの間に
どう決着つけるのかが、俺にとってのあけるりの見所だった。

エロゲであるにもかかわらず、一回目フィーナルートで最後の最後まで
 責任・役目>>>>>>>>>>>>体を合わせること
を貫いた(さやかさんルートでは、それが安易だった)こと、そして
最後にきちんとHappy Endにもっていったこと、その過程でフィーナも成長していることが
俺があけるりを最大限に評価したい理由のいくつかだ。以上、自己満足でした。

116 :名無しさん@初回限定 :2005/12/24(土) 10:52:17 ID:z+n5iyRs0

 

117 :名無しさん@初回限定 :2005/12/28(水) 00:03:58 ID:ogpAvaEg0

痛い信者のスレ

118 :名無しさん@初回限定 :2005/12/28(水) 01:49:11 ID:MZB2AMxt0

細かいこと言うと、フィーナだって責任感でHの前に一線引いたならカレンを納得させただけじゃなく、そのカレンの進言に対する本国の返答待ちじゃないとおかしいだろう。

エロゲーでそこまでお預けもどうかと思うけど

119 :名無しさん@初回限定 :2005/12/30(金) 22:58:12 ID:tQuA/WSK0


120 :名無しさん@初回限定 :2006/01/02(月) 09:16:43 ID:pEv2kpY30

痛い信者のスレ

121 :名無しさん@初回限定 :2006/01/30(月) 22:09:02 ID:7Z6kpQOL0

発売後何ヶ月もたってるので既出かもだが、落ち行くスレで記念に妄想を書いてみる。

あけるりに対する意見に「日常生活があまりほのぼのしない」「ワールドが無い」
というのが見られる。しかしこれらは案外、必然的なものでは無いだろうか。

過去作を見ると、魅力的なヒロインと世界を創造しておきながら、上の方のレスのように
「居心地の良い世界に安住することを良しとしない」という考えがあるようにも思える。

BPでは、理想的なキャストが存在する仮想世界("ワールド")は、最後にキャスト自らによって
消滅させられている。ここでは、この"ワールドの崩壊"が、いわゆる"ワールド展開"となっている。

プリホリでは、庶民的なお姫様とそれを暖かく受け入れるりんご亭という世界を創っておきながら、
最後のシンフォニアルートでは主人公はその世界を永遠に放棄させられ、レティはお姫様であることをやめている。
また通常エンドにおいても、レイチェル・エレノアは本人ルートでシンフォニアを追われるように離れている。
ラピス・シルフィ・レティの通常エンドではりんご亭の世界は保たれているが(シルフィは三年後戻ってくる)、
彼女らはシンフォニアルートに深く関与し、そこで世界の崩壊に立ち会っている。

ところが、はにはにではそのような世界(観)の崩壊は見られなかった。美琴達が未来から来た
というのは、よく言われるように「隠し設定」であって、価値観をひっくり返す"ワールド"ではない。
はにはに世界は「居心地の良い」世界のまま、2006年の現在まで存在しているのである。

しかもはにはにのテーマの一つであろう"Operation Sanctuary"--居場所を創るということ、
または保護区(でも構わない)は、この世界観の崩壊というワールドの根本原理(?)とは逆の
方向に作用している。もはやワールド展開は無くなったのだろうか。

122 :名無しさん@初回限定 :2006/01/30(月) 22:15:35 ID:7Z6kpQOL0

そうではなくて実はあけるり自体が、はにはにの"ワールド展開"として作用しているのではないだろうか。

あけるりでは、ホームステイや学園ものの要素を含みながら、日常生活の描写は最小限に抑えられている。
従来通りに、キャラが活き活きと動き会話する世界(とそこからの癒し)を期待していた
ユーザーにとっては、まさに今までの価値観を根底から覆されるような体験だったに違いない。

そこには、居心地の良い場所も(現実世界からの)保護区も過去作のようには存在していない。
フィーナやさやか・菜月らはいずれは主人公のもとを去ってしまう存在として描かれている。
居心地の良い世界の崩壊=ワールド展開とするならば、それは、はにはにーあけるりの間で行われている。

ではなぜ、あけるりでは従来の作品世界とは違う方向を選んだのだろうか。
それは恐らく、居心地の良い世界=自分を受け入れ、赦しかつ癒してくれる世界やヒロイン、
調和した人と人との優しい関係ーーとはまた違った関係や生き方があることを示したかったからでは無いか。

あけるりでは様々な価値観が示されている。周囲への責任を果たすこと、その中で自分の望みを
明確にすること。中でも各ルートに共通しているのは、ヒロインとの考え方や生き方の違いを
認識し、その上で相手を理解していくというプロセスである。

フィーナが瑠璃色編で演説したように、非調和の世界であるからこそ、一つ一つ関係を創り上げていくという
過程を経ることでより深く相手を理解することが出来る。そこで得られた関係は、始めから与えられた
居心地の良い世界で得られる関係よりも、もっと深くて互いの距離感を縮めるものではないだろうか。
自分とは違う誰かを理解していくということは"楽しい"ことでもあるという考えである。

BPで"ワールド"を創りながら、そのまま崩壊させざるを得なかったミリィ(や優希の父親)に代わって、
あけるりではフィーナや達哉、その他のヒロイン達が従来の"ワールド"とは別な、
もっと力強い世界や人との関係・価値観を描いて見せてくれたと思っている。

以上、チラシの裏の妄想です。有り難うございました。

123 :名無しさん@初回限定 :2006/01/31(火) 06:36:04 ID:OZv+BZC10

麻衣は俺の嫁、まで読んだ。
断固抗議する。

124 :名無しさん@初回限定 :2006/02/02(木) 22:32:31 ID:TPzE7sDh0

>118
そしたら八年後になる

125 :名無しさん@初回限定 :2006/03/02(木) 22:24:04 ID:bhDAEXN10

過疎ってんなー
ageてやるYO

126 :名無しさん@初回限定 :2006/03/03(金) 02:19:41 ID:JzcYZO5p0

ageられても過疎ってるこのスレにちらしの裏

はにはにでオーガストに初めて触れて感動した。
少しおかしくて眠くて居心地のいい日常と、そこにある明らかな違和感が解明されていく快感と、
各ルートでの問題解決が楽しかった。なによりほなみん、みことん、せんべい、プリン、

そしてプリホリにいったら、ゲーム内が毎日楽しくて、ルートによってマジでワールドがあって満足。
BPにいったら一部触手があったのがびびったが、なるほどリアルなMMORPGでの廃はこうあるべきだと
ちょっと感動したりした。

そんな風に順調に信者になった漏れだったが、明け瑠璃だとみんなと仲良くなれたって気分が少ないんだよね。
日常がザッピングされていて、そのザッピングが細かくてなじめず少しいごこちが悪かった。
それでも予約購入したんだし信者だしキャラは可愛いから続けてコンプリートしたんだが、
主人公がいままでのオーガスト作品の主人公とは違って、等身大の18歳っぽくて、いらついた。
特にフィーナルート。
こんなリアルで普通にある18歳の苦悩をそのまんま書かれてもうれしくも面白くも無いんじゃーー。

そしていまだかつてない強大な誤字軍。私一人がざっと数えただけでも14箇所。
しかもそのうちエッチシーンが6箇所。そのうちミアが5箇所。
こんな大事なところのチェックを怠ってどうするんだぱにーに!
あげくに指は6本あるわ、犬は3匹に増えてるわ(あ、これはいい事か)

全体的なストーリーに関して言えば、ふたりの愛情とか家族愛とか仲間意識とかの話が、
なんというかひたすらシビアになっていて、ゆっくりと仲が良くなっていく過程がないのが痛い。

ことAUGUSTに関して言えば、絵師はとても重要だが、同じくらい重要なライターが
今回ちょっと色気をだして違うことをやろうとしてやりすぎていると感じる。

127 :名無しさん@初回限定 :2006/03/03(金) 16:40:15 ID:91vpJEQR0

つか、以前はほとんどバラさん一人だったが、今回はバラさんの分量減ってるし。

128 :名無しさん@初回限定 :2006/03/03(金) 22:52:04 ID:1r589uOT0

あけるりでも仲良くなってると思うが、その意味が違うんだろうな。あけるり各話では
  #・達哉が各ヒロインの状況や気持ちを理解する(&ヒロインも達哉を理解する)
   ・そのことでヒロインとの絆が深まるorヒロインの成長を捉す
というのを前面に出した仲の良くなり方だと。分かり切ったことかもだが、
過疎だしチラシの裏を書いてみる。

さやかさんの場合は、達哉が当初わからなかったこと:さやかさんが
   ・なぜ月への再留学を断るのか 
   ・なぜ自分や麻衣に言わないで、一人で背負ってしまうのか
ということを、カレンやフィーナに相談し、麻衣の立場に立つことで達哉が理解する
という形になってる。そして、今度はその達哉なりの理解をさやかさんに伝えることで、
さやかさんも「家族か自分の夢か」という2者選択ではなく「家族だからこそ…」という
新たな理解・気持ちに到達する、というのが話の本筋だと。

この、さやかさんが気づく(お互いの気持ちが向き合う)場面がとても良かったと思う。
(だから月の話が少なくても仕方がない>112)

129 :名無しさん@初回限定 :2006/03/03(金) 23:00:27 ID:JHfjXYvl0

>>127
どこでわかるの?

130 :名無しさん@初回限定 :2006/03/03(金) 23:11:23 ID:1r589uOT0

>>128の続き
菜月さんの場合は、幼なじみなのに過去作と全然違う。

  ・朝起こしたり料理を作ったりなどの、主人公の生活面の世話をあまりしない。
  ・主人公の気持ちを先回りして理解したりしない。むしろ大いに勘違いしていることもある。
  ・約束とはいえ、自分の夢の方を優先する。
  ・その決意を既に固めており、菜月の夢のために達哉が出来ることは特にない。精神的なことだけ
  ・料理は時々失敗する(まあこれはどうでもいいが)

つまり菜月は、主人公を優しく包み込んで手助けしたり癒したりする存在でもなく、菜月自身も
主人公によって無条件に助けられたりはしない。

俺はそんな菜月の性格が大好きなんだが、ともあれこれも主題とおぼしきこと(#)、
菜月の場合は幼なじみでもはっきり自分の意志を伝えてお互いに理解する、
ということが新たな関係や絆を導くのに必要だということを表現したいがためではないかと。
あと菜月ルートの必要性は、少し前の作品別に書いてあったとおりだと思うので略。

フィーナルートでの戦い続けなければそこで…というのも「周囲と」戦うことや相手を信じること
に加えて「お互いがお互いを理解しようとすることを諦めたら」そこでフィーナと達哉の関係は終わる
ということだと思うんだな。お互いの状況や考えていることを全部「意識的に」表に出して、
その上で絆を作っていくという、何とも大変な話ではあるが…
その二人の理解が深まっていく過程を劇的に描いて見せたのが、とても良いところだと思った。

131 :名無しさん@初回限定 :2006/03/04(土) 20:20:23 ID:S0Jlu7eI0

>>129
シナリオライターが増えたってことじゃないか。
ハーヴェストノベルでおなじみの岡田留奈氏が参加してる。

ただライターが増えたところでバラさんの分量が減ってるかは分からんな。
シナリオのアウトライン全部をバラさんが担当してるかもしれないし、
その場合のストーリー展開はいつものバラさん節と変わらないわけだし。

132 :名無しさん@初回限定 :2006/03/06(月) 08:41:26 ID:GkNaHjif0


厨設定によく出てくる単語
絶対的、究極、最悪最強、無制限、造語、当て字、
漢字で書いて英語で読ませる(ジョジョ?)

よくある厨設定
・ある条件を満たして"絶対的能力"発動
→ところが実はたった一つだけキズがあった!
・古文書からの引用(単語だけのこともしばしば)
・死とか処刑とか、精神とか
・変身、変形、進化 (髪や目の色が変わるなども含む)
・なぜかナイフ等の武器を持ち歩く (実際はこんなの、DQNかビビリか精神に問題あるやつだけw)
・病気(特に精神的なもの)、トラウマ、もう一人の自分
・ミエナイチカラ
・暴走すると超強いw

133 :名無しさん@初回限定 :2006/03/06(月) 18:06:08 ID:1wOhCUfx0

絶対無敵とか熱血最強は厨だったのか…。
いや、子供にロボット託してトンズラするあいつは厨かもしれんが。

134 :名無しさん@初回限定 :2006/03/10(金) 00:16:46 ID:DmZuBfB70

そのパターンでいくとジャンプ漫画は厨設定の宝庫だな。

135 :名無しさん@初回限定 :2006/03/10(金) 11:59:47 ID:XRnn5JCf0

厨向けの漫画は厨設定でいいんじゃないのか。

136 :名無しさん@初回限定 :2006/03/10(金) 12:17:09 ID:gBnrM3b00

というかエロゲー全部が当てはまるなこれ…

137 :名無しさん@初回限定 :2006/03/10(金) 14:11:20 ID:0x780nWZ0

聖書や神話から引っ張ってくる奴は全滅だな。

138 :名無しさん@初回限定 :2006/03/11(土) 21:40:08 ID:EgreMt+L0

でもよ、厨設定がないとリアル日常と変わらなくてつまらんべ?

139 :名無しさん@初回限定 :2006/03/11(土) 23:39:36 ID:aPO+iBsx0

俺としては転校生は未来人だった、とか、漂着した星は未来の地球だった、
とかいった超展開はあっていいと思うんだがな。ただ、それを毛嫌いする
人間もいるのも事実。ま、半数が味方になってくれればたいしたもんだろ。

140 :名無しさん@初回限定 :2006/03/12(日) 01:48:43 ID:XJ6pRbI60

半数は流石に厳しいだろう。25%程度で。

141 :名無しさん@初回限定 :2006/03/12(日) 10:55:17 ID:40vGFKFw0

洋画だと超展開されても問題なく受け入れるのに
エロゲの超展開だと拒否反応を示すのは何故だろう?
エロゲのエロ展開の方がよっぽどありえねーと思うんだが・・・

142 :名無しさん@初回限定 :2006/03/12(日) 12:14:10 ID:h+hU2EWS0

まあショタみたいなもんだろうか。
エロゲユーザー一般に超展開=プゲラの構図が確立してるからなあ。

143 :名無しさん@初回限定 :2006/03/12(日) 20:13:41 ID:V/SYLYsV0

まぁ、確かに>>132に書いてある厨設定は
「全米が泣いた」にありがちなものばっかりだな。

144 :名無しさん@初回限定 :2006/03/15(水) 20:29:21 ID:Ysrc8nXjO

もうオーガスト関連なんぞ買わん

145 :名無しさん@初回限定 :2006/03/15(水) 21:20:22 ID:JT7Ty6kd0

この辺境のスレで決意表明されてもなぁ。
そうか、としか言えない…

146 :名無しさん@初回限定 :2006/03/16(木) 00:01:28 ID:arDpYOR10

いや、このスレで言うのがオトナだろ。
本スレとかで言っても袋叩きっぽいし。(しかも半分煽り)

147 :名無しさん@初回限定 :2006/03/16(木) 10:36:28 ID:t/EJO7e20

そりゃあメーカースレで買わねと言ったら叩かれるだろうw

148 :名無しさん@初回限定 :2006/03/16(木) 16:52:40 ID:zdGdiWQV0

>>146
メーカー別や作品スレで>>144のような台詞を吐けば半分どころか100%煽りじゃん。叩かれて当然。
不満点を具体的に述べた上で俺には合わない今後は買わんというならまだしも。
まあ後者にしたって「そうか」で返されて終わりだろうが。

どうでもいいが関連まで含めるのはどうしてだろう。
抱き枕を家族にでも見られたのかなw

149 :名無しさん@初回限定 :2006/03/16(木) 17:00:48 ID:JkHAH6dz0

・なぜかバールのようなものを持ち歩く

150 :名無しさん@初回限定 :2006/03/16(木) 18:16:47 ID:rBZr0q/+0

Baalのような物?

151 :名無しさん@初回限定 :2006/03/17(金) 10:10:43 ID:ZswtFxh10

Wiki見たら「バールのようなもの」で登録があるw
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AA%E3%82%82%E3%81%AE

152 :名無しさん@初回限定 :2006/03/19(日) 06:22:11 ID:qyBkjBO20

あけるりもう一回やってみた。いまさらだが内容についての俺的メモ。ネタバレ…といっても読まないか

あけるりは、どのように自分のやりたいことを見いだし、人と人との関係を作り、人を納得させて理想とする
世界を創っていくのかを描いた作品だと思った。大きく分ければ次の三つの主張があるように思う。

(1)自分の役割や責任を自覚して、その上で自分の要求を明らかにすることがまず必要である。
 フィーナ・ミア・リースルートでは、月人→達哉へは「責任を持つ生き方」が、
 達哉→月人へは「自分の意志を持つ生き方」が教えられてる。

例えば、幼い頃の出来事をきっかけに、フィーナは自分の意志で生きることを決意する。
達哉との恋愛を貫くことはわがままでもあるが、それはフィーナにはなくて
セフィリアさんにはあったものだった。仕方のないことだからと逃げないことを達哉は教える。

ミアルートでは「フィーナや皆の役に立つことが自分の責務であり喜び」であったミアに、達哉は
「自分の好きなことを見いだすこと、自分の決断で行く先を決めること」を教える。
リースにも同様に、達哉は楽しいことや好きなことを知って欲しいと思う。ミアのように責務からは
離れられないが、それでもリースは自分の好みを見いだし、そのことがリースを強くする。

逆に達哉が月人から教えられたのは、責務に対する彼女たちの筋の通った姿勢だろう。(フィアッカを含む)
それを理解したからこそ、別れたくないという自分の感情を押さえても
ミアの決断にまかせ、リースを引き留めたいとは言わず、フィーナには逃げないことを促したのではないか。
また、「それが必要だから責任を果たす」ということは「それが必要だから(困難であっても)意志を貫く」
ことと同じでもある。

153 :名無しさん@初回限定 :2006/03/19(日) 06:28:03 ID:qyBkjBO20

(2)自分の意志を持つことは、時には最も身近な人とも自分は違う人間であるとの認識を
  もたらす。極論すれば人は一人かもと。しかしお互いへの理解と想いを持つことで、絆をさらに深め
  自分や相手は(離れてても)より強く生きることが出来る。この「相手への理解」が満弦ヶ崎側の
  三人と達哉の話(課題)ではないか。瑠璃色編ではさらに特別な二人の場合を扱ってる。

例えばさやかさん・菜月ルートでは、二人の意志--菜月は遠方の大学にいくこと、さやかさんは
月には行かずに家に残ることを達哉は(感情的に)理解できないが、最後にわかりあう。
さやかさんの場合は、さらに達哉から教えられることでさやかさんも考え方を変える。
麻衣ルートでは、加えて「意志を押し通したときに生じる状況」が描かれている。ここで
達哉と麻衣の間に考え方の相違はなく、達哉が理解すべき相手はさやかさんになってる。

(3)さらに理想を示すことで、身近でない人々にも相互理解や新しい関係・世界を促すことが出来る。

このように、責任を果たし自分の意志を明確にして相手との理解につとめ、人を想いやり絆を創り、
相違点をどうにかして(compromise)、他には理解されなくても信じるべきものを信じ、理想を提示して人を導き、
新しい世界(Land or World)を創る。あけるりでは、これら全てのプロセスで生じる問題と、解決への過程を
各ヒロインの物語を通じて描き出しているのではないだろうか。
(また、これは何かを創るときに必要なプロセスでもある)

154 :名無しさん@初回限定 :2006/03/19(日) 06:31:58 ID:qyBkjBO20

では、どのような「理想」をあけるりでは示したのだろうか。
それは、フィーナや達哉のように「あなたと一緒なら…」といえる誰かと、相違点を乗り越えて
理解し合い、困難にも諦めずに何かを成し遂げてみたいと見る者に思わせる何かであろう。
もしそのような人が見つからなかった場合でも、フィアッカや他の月人のように、
自分の責務や役割を果たし、筋を通すことは美しいことであるという価値観ではないか。

世界を創ることは、新しい価値を作ることと同義である。フィーナと達哉達の物語は、
現実世界に生きる我々にも「…きっと大丈夫」と言える芯を与えてくれたのではないだろうか。
離れていても想ってくれる誰かがいる、物語があるということは、人を強くするということである。
…自己満足これで本当に終わり。

155 :名無しさん@初回限定 :2006/03/20(月) 10:37:36 ID:KeBsCNgf0

いや、なかなか興味深いと思ったよ。乙です。

156 :名無しさん@初回限定 :2006/03/32(土) 03:11:25 ID:VK/muGKm0

ここのエイプリルフールネタは日付か・・・
CS化発表がこのタイミングだったら
ネタかホントか分からずに面白かったのに

157 :名無しさん@初回限定 :2006/04/02(日) 22:41:47 ID:6s03CThP0

Let the Earth Rejoice !! エステルフリージア

158 :名無しさん@初回限定 :2006/04/09(日) 00:53:44 ID:gHgEVVd90


159 :名無しさん@初回限定 :2006/04/17(月) 00:24:31 ID:aB1f8VpQ0

保守

160 :名無しさん@初回限定 :2006/04/18(火) 10:48:09 ID:3yIYz+dd0

テレカ絵のエステルとリースだけど、妄想だからこっちに書く。
突然、エステルの元に飛び込んできたリースの
たしなみをエステルが整えているって感じがする。

または、照明も薄暗いので、エステルとリースが一緒に
どこかの空屋に逃げてきたのかも。床に直接座ってるし、
帽子も机とか帽子掛けではなくて、エステルがかぶってるし。
暖炉が燃えてるってことは、季節は寒いのかな。

でもそんなことより、リースとエステルの表情がとてもいいな。

161 :名無しさん@初回限定 :2006/04/18(火) 22:36:19 ID:cgHg6ORP0

とりあえずラスト1行に同意しておく。

162 :名無しさん@初回限定 :2006/04/19(水) 09:25:23 ID:tIFUVjWS0

>>161
とりあえず最初の一行に同意。

163 :名無しさん@初回限定 :2006/04/25(火) 02:55:21 ID:dnICEeJD0


164 :名無しさん@初回限定 :2006/05/02(火) 14:36:53 ID:fmAyP7750

エステルが柴犬と一緒に木陰で休んでいるラフ絵も、
彩色して台紙付きテレカとかにしてくれたらいいな

想像だけど、エステルって自分の所属する月の教団に対しても、
派遣先の地球に対してもよい感情を持っていなくて、
あんまり安らげるときが無いのかなぁ…

そんな中でエステルがすがることの出来るものといえば、
自分が勉強してきたものであったりこれから勉強するものだったり、
目指すものだったりするのだろうけど

充分に優しい子だってのがわかるから、エステルのその秘めた思いと
いうものと、周りの状況との間で苦しまないか心配だな…

以上、妄想でした。

165 :名無しさん@初回限定 :2006/05/07(日) 09:31:13 ID:jwu7zNCY0

エステルのテレカ買ってきた。トップ絵もそうだったが、
かなり強い、抑えた怒りを放出しているように感じた。

この"怒り"はエステル個人についてのものではなくて、
もっと根源的な---例えば生命の尊厳に関わるような、もっと深い何かに対する
怒りのような気がした。

「夜明け前より瑠璃色な」の躍動するロゴと合っていて、
エステルの表情見てるだけでどきどきする

166 :名無しさん@初回限定 :2006/05/13(土) 01:36:44 ID:mARcvFrO0

保守

167 :名無しさん@初回限定 :2006/05/14(日) 11:56:58 ID:gfeatpGV0

Let the Earth be glad, Estel Freesia♪

168 :名無しさん@初回限定 :2006/05/14(日) 16:25:14 ID:AfRXlYOH0

>>165
地球に飛ばされて不機嫌なだけだったりしてなw

それはそうと、エステルはロステクについてどこまで知ってるんだろうか。
教団がロステクを管理していることは当然知っているだろうが、満弦ヶ崎に
トランスポーターがあることや、リース=フィアッカの素性については知ら
ないとみてるんだが。

169 :名無しさん@初回限定 :2006/05/20(土) 14:33:27 ID:0g6hG1MZ0

詳しくは知らないと思うよ。

しかし、あらためて思うにとても面白いよな…。
誰もいないスレで以下妄想

月での教団の役割について、インフラ担当としてだけではなく、
どこまで月人の内面的な事柄を描くのだろうか。例えば、月で生きるために
月人にとってなぜ単なる技術者集団ではなくて"教団"が必要だったのか。
教団にとって(フィーナが言うところの)・・・の基盤を保持するために必要なものは。
月人の、ある種の自己犠牲的な責務に対する姿勢は何に基づいて(支えられて)
いるのか、など。

なお瑠璃色編後半で一カ所、ミアが普段どのように接しているのかが
ほのかに推測できる場面があったりする。

170 :名無しさん@初回限定 :2006/05/20(土) 15:43:53 ID:0g6hG1MZ0

関連して、エステル個人の生き方について。
エステルは、フィーナやミアと違って、初めから自分の意志を表出することを
ためらっていない(ように見える)。怒っている姿も、妥協無く真剣だといえる。

でもたぶん、ふと我に返れば
本を持って空を見上げている絵のように、とても純粋に何かに対する憧れを持って、
エステルが目指すもの-Estelという名のように、星-を見つめてたりもする。

エステルにとって異国・異文化である地球で、今までいた月の教団から飛ばされ
本人の生き方を問い直される状況でもある。

今までの教団での静かな勉学生活(?)から、異国の人の間に投げ出されてとまどうかもしれない。
地球でリースの特別な立場に疑問を持ったり、教団の裏家業を知って反発するかもしれない。
"国家"を背負うフィーナと、司祭の立場から激しくやりあうかもしれない。

でもきっと、あけるりの他のヒロインのように、リースやフィアッカ、フィーナ・達哉の
人や状況、責務などをそれなりに理解していくのではないか。嫌っていた地球には、そよぐ
風の優しさがあることを知るかもしれない。

自分のやりたいことと、教団の司祭としての立場と、恋愛と、そして自身の信仰とでもいうものとを、
月・地球という異なる国の間で、エステルがどのように考え、何を得ていくのか。
…というようなことが含まれていたら、個人的にはとても興味深いと。

171 :名無しさん@初回限定 :2006/05/21(日) 11:32:56 ID:LtnYKZiS0

日曜の礼拝で話すエステルの真剣な表情には、惚れ惚れするな…
その内容は、地球を出て月への移民を導いた人や、月社会がどのように築かれたか、
そのために命を落とした人などの話だろうか

…月社会における教団の必要性とその成り立ちと技術への信頼:おそらくは
移民初期に、技術的な問題等から犠牲になった人々を弔い記憶し讃えるため…
もう一歩すすめれば、事故を起こさないようにする、技術的なことへの信頼が
その"基盤"にもなりうるのか

ところで高司祭はたしか三年前、つまりセフィリアさんに何かあった年に赴任しているんだよな
セフィリアさんの死をどのように教団は取り扱ったのか。
全く仮定の話だが…万一、セフィリアさんの失脚や死に教団が関わっていたとしたら。
そしてそのことを、地球で初めてエステル(とフィーナ)が知ったとしたら。

フィーナはそのことをどう思い、エステルは教団のその側面を知ってどう振る舞うか…
例えばフィーナの心が癒されてないとすれば、司祭であるエステルは彼女に何が言えるのか

などいろいろ妄想がつきませんな

172 :名無しさん@初回限定 :2006/05/22(月) 07:15:21 ID:3QBLkX7J0

突然だがフィーナルート7/17の夜。
フィーナが生まれた時から逃れられないことに起因する出来事を謝罪し、
達哉によって許される。それはフィーナの中の何かを変え、
(理解して)許した達哉と一緒に歩いていける、という確信をもたらす。

…これ見方によっては、かなり宗教的なモチーフを含んでるわな。

その"行為"の本質的な部分を取り出し、フィーナと達哉の間の出来事として
一般化されてるところが素晴らしいと思う。さらにその後、甘えすぎたり信じ切れずに
「一人になっても遺跡の…」と言ってしまうような、その"確信"が揺らぐ過程を経て、
最後に「私には…」と確かに言えるようになるということも。

次に、立場を変えた場面が瑠璃色編中盤の8/11の夜にあるように思える。ここで
達哉はフィーナのことをミアから聞かされ、自分は何も分かっていなかったと
フィーナに対して済まなく思い、(またフィーナの心情を思って)涙する。

しかしその達哉の悔恨は、代わりにミアによって
"今の達哉さんの涙も…"という言葉で許される。ミアがとても気高く見えたが

あけるり全編を通じて、このミアの言葉ほど美しい台詞は無いと思ったが…
それにはこういうことも含まれていたからかなあと。

173 :名無しさん@初回限定 :2006/05/26(金) 03:58:04 ID:Nano1dpy0

7/17までは、月と地球の有り様や、折りに触れて自分の行動や意志を考えるきっかけになった
達哉との幼い日の出来事を、「忘れていたなら仕方ない」とフィーナは考えていたが…

それが7/19には、「達哉が…といえば私は…」とまで達哉の存在がフィーナの中に入り込んできたのだが、
その気持ち(の変化)がわかりにくくもあった。7/17の夜の"儀式"が、それほど大きな意味を持ったのか?

「フィーナがフィーナであることで繰り返されてしまう悲しい出来事=つまりフィーナにとっての…の認識・告白と、
 それをありのままに受け入れて許した」という、この"儀式"の持つ意味(とそれから類推されるかもしれない儀式)
を考えれば、それは十分に理解しうること……なのかもしれない。(かなり難しいが…)

同様に7/26の事件について。なぜフィーナにとって「ごめんなさい」ではなくて「ありがとう」
だったのか。これも詳細に描写されてはいたが、少し唐突な感じがしないこともなかった。

しかし同じように考えれば。その「フィーナが逃れられないこと」を引き受けてくれる存在である"達哉"に対しては、
なるほど確かにこれは「感謝」になるのだろうと。ごめんなさいではなくて。

対照的に水辺の遺跡に一人で行ったときは、「二人で一緒に」という"達哉"との"約束"を破ってしまった
…ので、"達哉"が怒ること、フィーナが謝るべきことになるのだろうかと。

一連のフィーナの感情の変化や出来事のベースには、かなり普遍的(つか・・的)なものが含まれてる気もする。
フィーナの魅力などに押されて、ぜんぜんそうは見えないところが、いいところなのだろうけど

それにしても、「わたしには、"あなた"がいるわ---」というのはもの凄い…告白だとあらためて思う。

174 :名無しさん@初回限定 :2006/06/01(木) 21:25:51 ID:Xn0HaCnc0

あけるりのヒロインは、それぞれ「原罪」とでも言えるものを背負っているように見える。妄想

(A) フィーナが生まれた時からともにある姫という身分。
そのこと自体が様々な悲しい出来事を生んでしまうということ。ex幼いときのこと、大使館前

(B) ミア菜月さやか麻衣にとっては。もし自分の好きなことや自己の意志を持たなければ、
フィーナと別れることもなく、満弦ヶ崎から離れることもなく、大切な人を悲しませることもなかった。
でもそれを持ってしまったために、別離や乖離が生じたということ。

(C) リースは、物語の範囲内ではA,Bから免れている。つまりリース自身によって
引き起こされる悲しいことは今のところない。(そうじゃないとリースがあまりに可哀想だ)
しかし、責務のために多くの人の人生を犠牲せざるを得なかったフィアッカと同体であり、
そのためにリース自身も犠牲になっている。

人が社会を構成し、周囲に対して責任を負って生きている以上(A)or(C)に類似したことは起こりうる。
また、その中で自分の意志を持って生きる以上、(B)は避けられないこともある。
これらはそれぞれ月(責任)や地球側(意志)で特に強調されてはいるが、どちらも
現代に一般化されうる「仕方のないこと」である。

175 :名無しさん@初回限定 :2006/06/01(木) 21:42:49 ID:Xn0HaCnc0

あけるりの良いところは、これらの「仕方ないこと」を否定せずに
自分の責任として引き受けた上で、どのようにお互いが強く肯定的に生きて
人との関係を再構築できるのかを提案・描いていることであろう。

フィーナにとっては、それを受け入れて赦してくれた達哉を信じて、一緒に生きていくこと。
(そのことで甘えすぎたりせず感謝しながら)

その他のヒロイン(リースを含む)については、
血縁が無くても、自分のやりたいことや責務のために離れてしまっていても、
お互いの存在を想い続けて、いつでも帰ってこれる場所 ="家族"を作ること。 

見上げればいつもそこにある"月"とは、思うときにはいつでも相手の存在を感じる
ことができるということの象徴でもある。

ただ一人だけ…フィアッカの"原罪"はどうなるのか?という問題は残ってる。
またエステルにとって、これらに相当する物は何で、"あなた"とは何か…
ということとも関連して、興味あることではある。

176 :名無しさん@初回限定 :2006/06/01(木) 22:07:16 ID:Xn0HaCnc0

あけるりのポイントになるシーンはどこだろうか。いろいろあるだろうが、
お互いの気持ちが通じ合う(理解する)場面がその一つとしてあるだろう。

相手のことを「理解する」ということは、相手を「ゆるす」ことに繋がる。
あけるりにはそのような場面がいくつか出てくるように思える。例えば、

フィーナルートでは、フィーナの"仕方ないこと"を達哉は許し、また瑠璃色編では
達哉はミアに許される(正確には「フィーナ様はきっと許して下さるでしょう」)。
さらに達哉は父親を許す気持ちになる。

菜月ルートでは、約束を忘れていた達哉を菜月は許し、また麻衣ルートでは
最後にさやかさんは麻衣と達哉を許している。
(リースが雨の中笑ったのは、「何か」が彼女を赦したのだろうか?)

同じように考えてみれば。いつも真剣で不機嫌な(?)エステルがきっと、
自分を地球に送り込んだ教団や、あまり快く思っていない地球、
そしてもしかすると"もっとおおきなもの"を赦す瞬間というのがあるのかもしれない。
(逆にモーリッツやさやかさん(?)は、代わりにエステルを赦すことがあるのだろうか)
そしてまた同様に、エステルとも関連して、フィアッカが"赦される"ときはあるのだろうか
(その必要性も含めて)…とか考えてみる。

177 :名無しさん@初回限定 :2006/06/02(金) 00:17:24 ID:CQss4kI30


痛い信者のスレ

178 :名無しさん@初回限定 :2006/06/02(金) 01:50:05 ID:0Cxd/qaz0

>>177
君、こんな辺境のスレでage煽りというのも寂しいな。

179 :名無しさん@初回限定 :2006/06/07(水) 09:02:35 ID:P02p0NjB0


180 :名無しさん@初回限定 :2006/06/19(月) 21:33:31 ID:+jw6O29v0


181 :名無しさん@初回限定 :2006/06/25(日) 04:06:47 ID:lZ4sg8NK0

age

182 :名無しさん@初回限定 :2006/06/25(日) 05:03:16 ID:t+6ZvyJwO

ありがとう言葉ワールド

183 :名無しさん@初回限定 :2006/06/25(日) 18:59:15 ID:ygaiK4Hk0

鵜詐欺に寄生する 池沼転売屋KOこと山田亮一と店長 上原武夫について語り合うスレ。

彡川川川三三三ミ〜  プウゥ〜ン
   川|川/  \|〜 ポワ〜ン    ________
  ‖|‖ ◎---◎|〜        / 私は店長
  川川‖    3  ヽ〜    <「夜明け前より瑠璃色な」ポスター転売は
  川川   ∴)д(∴)〜       \オーガストにバレました。
  川川      〜 /〜 カタカタカタ  _______________
  川川‖    〜 /‖ _____
 川川川川___/‖  |  | ̄ ̄\ \
   /       \__|  |    | ̄ ̄|
  /  鵜詐欺命_     |  |    |__|
  | \      |つ   |__|__/ /
  / ドキュソ氏ね | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕

「吊り上げ被害者の会」
〒556-0005大阪市浪速区日本橋四丁目16−13ショーズハイツ1F有限会社ラビットnet
http://www1b.sakura.ne.jp/~rabbitnet/ TEL&FAX:06-6645-1202
 E-Mail:rabbitnet@r8.dion.ne.jp

184 :名無しさん@初回限定 :2006/06/25(日) 20:26:58 ID:FRFIa/Ss0

ラビットか。
日本橋住人だがあそこ人あまり入ってないような…

185 :名無しさん@初回限定 :2006/06/26(月) 00:07:28 ID:cUrs31lo0

あそこ店長が白痴て本当か?キチガイの出入りする店だろ。

186 :名無しさん@初回限定 :2006/07/09(日) 23:07:00 ID:lAsMpk/r0


187 :名無しさん@初回限定 :2006/07/10(月) 03:04:18 ID:HIdLlr+W0

夏になったな。

188 :名無しさん@初回限定 :2006/07/10(月) 03:11:29 ID:HIdLlr+W0

夜でも暑いな。
瑠璃色編に「理想も悲劇の記憶も、みな薄まってしまう」という台詞がある。

「悲劇」の記憶の方が、本編のような形で引き継がれているなら
「理想」の継承の方はどうなのだろうか。

地球を脱出して月に社会を創った人の理想、立派な人々の
言葉やその行動など。それはエステルが持ってる教典に書かれてるのかも知れないが、
リースの言うように、「どんなことも、時を経れば薄くなる」。

言葉で書かれていても、それは知識としてしか伝わらないかもしれない。
またフィアッカの言うように、(政治的・個人的な利益などから)
意図的に改変されるのを防ぐのは難しい。

さらには、その理想が経験や感情として伝えられても、
誰もがその実現のための責務に耐えられるとは限らないし
そのための犠牲を誰もに強いることは出来ない。

189 :名無しさん@初回限定 :2006/07/10(月) 03:17:40 ID:HIdLlr+W0

かの本の「大審問官」風に妄想してみれば。

だからこそ教団は、"「理想」の独占や暴走を本気で止めるために"
"人々に理想の重荷を背負わさないために"

月の社会を一番始めに創った人の偉業を修正し、
技術と権威(と人を驚かせる技術による奇跡の演出?)の元に再構築したのだと

それは人々の自由な意志による信仰(生き方)を求めるエステルと対立するかもしれない。
恐らくは、始めに月社会を目指した人も「人々の自由な選択と意志」を求めたであろうからだ。

しかし、現在の教団の役割を理解した上で、「司祭」として出来ること--
そのために人知れず責務や罪を負っている教団関係者のために、
--自分の自由意志と反することが分かっていても--苦悩の末に祝福を与えるエステル
それが何を解決するわけではないと分かっていても、その祝福を受けるフィアッカ

という感じだろうか。

190 :名無しさん@初回限定 :2006/07/16(日) 19:52:12 ID:Yl9ry3+x0


191 :名無しさん@初回限定 :2006/07/17(月) 09:45:56 ID:ulhULyQ30

>>188-189
よく分からんが、俺アンタみたいな奴好きだ。

192 :名無しさん@初回限定 :2006/07/19(水) 13:27:42 ID:SreyFQhc0

それはどうもありがとう。
リース+瑠璃色編は、「大審問官」と良く似た問題を扱っているようにも思える。
しかしそれとは異なる展開をみせていて、なかなか興味深い。その問題とは、

月の人々の安定と平和の為に、人々の自由な意志と選択を制限する(という罪)を
あえて行っているフィアッカ(教団)をどう捉えるか、ということである。

人に自由と理想を任せれば、それはかえって人を不幸にする可能性がある。
人はそれほど強くないから、事前にその労苦を取り除いているのだと。

フィーナはそれに賛成できないが、しかしそれは「貴女が、まだ人を信じたいと思っているから」
だと指摘する。これはかなりよい洞察だと思えて、それは

自分を容易に律することが出来ない(強くない)人々の自由を制限し、替わりのものを
与えるという"教団"の行為の根底には、まさに「人々を見捨てることが出来ない」という
人々に対する愛情があることを見抜いているからだ。

「大審問官」に結末で授けたのも、大審問官の行動が究極の所では(手法はともあれ)
同じことから発していることが"その人"にはわかっていたからであろう。そうだろ兄さん
(ところで「墓石や若葉や"瑠璃色の空"」というのは偶然なのかw?)

193 :名無しさん@初回限定 :2006/07/19(水) 13:33:31 ID:SreyFQhc0

しかし今とこれからを生きることの出来るフィーナ(と達哉)は、
「人々の自由な意志と選択」の方を信じる。すなわち

人々が失敗しないように先回りすることは、
「"リース"無しでは生きられない人を生む」と。
人々が惑わないように理想をあらかじめ与えることも、
自分を全て肯定してくれる誰かを与えることも、また同様なのだろう。

ではどうすればよいのか?に対してフィーナはこう答えたのだと思う。

人々が(支配を離れて)自由な意志と選択とを持てば、本編のように
やりたいことが分からなくなったり周囲との間での様々な衝突などが生じてしまう。
しかし、"わたしには「あなた」がいるわ--"の「あなた」
(もうパートナーでも家族でもフィアッカでも教団でもやりたいことでも何でもよいが)
を持つことはできて、それは衝突を経て「こそ」得られてゆくものだと。

そして、その困難を乗り越えさせる原動力となるのは、相手を理解したいという
欲求であるというのである。

194 :名無しさん@初回限定 :2006/07/19(水) 13:43:12 ID:SreyFQhc0

このことは、他ルート--好きなものを見つけていって、
だけどそれと周囲との関係で悩んで、でも最後にお互いがわかりあう過程--
で充分描写されている。困難を経ても分かり合うのは、このように感動的なことだろうと。

しかしそれでも。リースの言う「何時の時代も、誰かが兵器を監視する」とは、
それでもフィーナの言うことからこぼれてしまう人々に対する彼女の慈悲であるのだと思う。
さやかさんはセフィリアさんの理想をフィーナと達哉に繋ぐことが出来たが、
普通は困難なことである。

そしてそのフィアッカ(教団)の行動が、人々に対する愛情から発しているからこそ、
個人的にはどこかで「彼女」に祝福が与えられたらいいと思う。
それはフィーナではなくて、司祭であるエステルフリージアの役割であるかとも思うのである。

しかし、やはりこれは過去の繰り返しであって。瑠璃色編でフィーナの語ったようなことが、
あけるりが従来のものから離れて、新しく一歩踏み出したことなのであろう。
その行く先は分からないが、自由と意志と理想と困難とを経て
夜明け前より「瑠璃色な」空を"あなた"と一緒にみることは、
きっと人々にもやってみたいと思わせることなのだろうということである。

195 :名無しさん@初回限定 :2006/07/27(木) 09:39:39 ID:eo2rFdhu0

無念 Name 血語彙練る輪以前 ◆.tadW/PuLI 06/07/26(水)21:42 No.1475327
俺「フィーナ。シュークリーム買ってきたよー。」
姫「ありがとう。おいしいわ。」
ぱんぱんぱん。
俺「うおーーー。」
姫「いっちゃうーーー。」
ぴゅっぴゅっ。

196 :名無しさん@初回限定 :2006/07/27(木) 11:25:28 ID:iA5KmKoo0

>>195
頑張れ。

197 :名無しさん@初回限定 :2006/08/03(木) 01:37:27 ID:6z4ljCVNO

朝霧麻衣様、お誕生日おめでとうございます。

198 :名無しさん@初回限定 :2006/08/03(木) 02:44:12 ID:DHpKDFpP0

何故ここにw
しかし俺も麻衣スキーなので共に祝いたい。

199 :名無しさん@初回限定 :2006/08/03(木) 05:32:13 ID:/SUkumG70

Happy Birthday 麻衣♪

200 :名無しさん@初回限定 :2006/08/08(火) 20:56:32 ID:v2XHbZ0O0

保守

188 KB