オーガストワールド総合

1 :名無しさん@初回限定 :2005/09/14(水) 02:33:22 ID:p7QC/f/y0

ここは、オーガスト作品に出てくるSF設定の総称にして
シナリオの肝のワールドについて話すスレです。

◇オーガスト公式
http://august-soft.com/

◇メーカースレ
オーガストスレ96
http://idol.bbspink.com/test/read.cgi/hgame/1126445727/

201 :名無しさん@初回限定 :2006/08/14(月) 07:01:48 ID:/GnMbbTe0

大審問官というのは榊原氏が読んでると言ってた小説のハイライト部分であるな。
時期的にはあけるり開発前か後はわからんが、きっと興味深く読まれたんじゃないか
自由意志とかいう問題もあるけど、やはり大審問官=リース(フィアッカ)に見える罠

でもだ。あけるりはいろんな難しいテーマを含んではいるのだろうけど、
それらがフィーナやさやかさん達の物語として、読む側に強く暖かいものを
残してくれるからこそ良いのだろうな

物語が人の心を動かすのは、理論や理屈や設定だけではなくて、
人格を持っていろんなことを思いながら生きているフィーナ達そのものの姿であろうと。
そんなフィーナやリース達を好きになるからで。
あけるりの様々な言葉も、彼女たちの姿(と人生)を同時に思い出すから残るものがあると

誰かを好きになったり、思い悩んだり、心を動かされたりすること
やはりそれが夜明け前よりも瑠璃色なものなんだろうな
…ということでもう寝る。

202 :名無しさん@初回限定 :2006/08/14(月) 15:22:10 ID:haK1u1+X0

Meet Again on Dec.7 2006, and Let the World Rejoice!!
エステルフリージア♪

203 :名無しさん@初回限定 :2006/08/17(木) 11:02:06 ID:5Uk1YKNm0

  | ..: ..: ..l ..i ..i ..i ..i ::|::: | lllllllllll |
  | ..i ..i ..i ..i ..i ..i ..i ..|::: |     |
  | ..i ..i ..i ..i ..i ..i ..i ..|::: | O。O | パロマ
  | ..i ..i ..i ..i ..i ..i ..i ..|::: `┬┬´
  〜〜〜〜 ___ 〜   /┌┘/l
  ____  ||デル|:| __lニニニl/__
 /___/l|:./|ニニ|l. ::.:::::::::::||:::.//:::_,  | | _/ ̄ ̄\_レクサス
::_||_,,..,,,,||::_.::U::: ... :: ::: /:: :.... ::: //./\ \||..└-○--○-┘
/::/   /ヽ-、::(PSP). ::. ::: //:::|\| ̄|=| |コ=    _/ ̄ ̄\_トヨタ
::.<⌒/     ヽ:: /:: :....:::...://::::|\|  |, | | 松下 └-○--○-┘
..:<_/____/:: /:....:::...: ..//::::::\.|_|,||

204 :名無しさん@初回限定 :2006/08/17(木) 23:43:59 ID:SoWavfzS0

何の図よw

205 :名無しさん@初回限定 :2006/09/05(火) 05:55:59 ID:ORd8e9WZ0

久しぶりに上の方読んだら、書いた自分でも妄想が行きすぎてくらくらするなw 

明け瑠璃はフィーナが「あなた」に対する信仰を確立していく話だとか
「私には、あなたがいるわ」とはその信仰告白に他ならないとか
自分の原罪を受け入れて赦した「あなた(達哉)」を好きになることは一種の帰依(洗礼)と同じだとか
一回目のケンカの「ありがとう」はその赦しへの感謝で、二回目のケンカの「ごめんなさい」は
「あなた」を離れて一人で生きようとしたことへの謝罪だとか
「きっと大丈夫」の「きっと」は「あなた」に頼り切ることなく、一緒にどうにかしていくという意志の現れとか
各ヒロインが自由意志(好きな人・やりたいこと)を持ったことによる原罪
(家族や月やその他からの一体感の喪失・孤独)とそれをお互いに許す場面からなりたっているとか
人は違う人間でも、家族=帰ってこれる場所を創れるとか
その自由な選択と意志を、それを制御できない人々のために抑制することの是非とか
それがカラマーゾフの兄妹と同じ主題を含んでいて、フィーナは人の自由意志の方を信じたとか
自由意志によって生じた原罪=一体感の喪失からその再構築を経るのは必須の過程だとか
エステルは司祭だから、個人的な事情に基づくこと(飛ばされたとか過去のこととか)を自分のために許すだけでなく
そのような人間存在や社会そのものから生じる仕方のない罪を他の人のために代わりに赦す役目があるだろうとか
(8/11のミアはフィーナの代わりに達哉を赦すという司祭の役割を果たしていたとか)

夏も終わったし、まあいいか。

206 :名無しさん@初回限定 :2006/09/05(火) 09:18:07 ID:fU7Kj9DP0

や、俺は楽しませてもらってます。

207 :名無しさん@初回限定 :2006/09/11(月) 00:11:14 ID:ZUAb4pOtO

静かなのでここで一言。
ほなみん、誕生日おめでとー!!

208 :名無しさん@初回限定 :2006/09/13(水) 23:47:43 ID:Eo2QV8wG0

ほしゅ上げしとく

209 :名無しさん@初回限定 :2006/09/18(月) 21:33:27 ID:QTul+cw80

保守

210 :名無しさん@初回限定 :2006/09/19(火) 23:43:43 ID:U8Pp9JQn0

それはどうもありがとう。以下妄想

特別に事件や事故や悲劇などが起こらなくても、生きる上で「仕方のない」ことはたくさんあって。
それは人が自分の意志を持っていたり、生まれた場所や立場があるからだったり、
すぐにものを忘れるように人は愚かだからだったり。でもそれを理解して「許して」いくことは出来る。
フィーナの言ってた「立場も達哉も大事なの」ということに加えて、
個人の自由意志などと他人との一体感という相反する
二つの要素が両立できることを示したなかなか興味深い物語だと思う。

ではどのような時に人を許す気持ちになるのか?
あけるりでは上に書いたこと以外に、次のような場合があったと思う。

211 :名無しさん@初回限定 :2006/09/19(火) 23:50:37 ID:U8Pp9JQn0

フィーナを許した達哉の場合(1)は、上のように
かなり信仰的なものの確立をなぞらえているようにも見える(妄想)

(2)相手の立場に立って理解すること(瑠璃色編の達哉の場合)
面白いのは、フィーナは父親に構って貰えなかったと感じていた達哉に、よくあるように
その代わりの愛情を与えて癒したりはしていないことだ。フィーナは様々なきっかけを与えはしたが、
達哉が自分で「父親のことを理解する」→許す気持ちになることを促している。
その背景には、人はそれぞれの自由意志があって、だからそれはそれで仕方のないことだという理解がある。

(3)どこかに残っている(フィーナ7/17)
人は愚かで、大切なことも忘れてしまう。それは耐え難いことでもあるが、しかし
過去と現在は繋がっていて、個人の自我を超えたところで影響を及ぼしている。フィーナの場合には、
自分の意志で生きるきっかけを与えてくれて、それが今も自分の中に生きている。既に大切なことは行われたと。
菜月が忘れてた達哉を許したのも同じ理由だろう。

忘れてしまっていてもどこかには残っている(だから人を許すことが出来る)というフィーナの考えは、
大切な理想も悲劇の記憶も、すぐに薄まってしまう(だから人の意志を制限する)というフィアッカの考えと
対を成していたりする。

212 :名無しさん@初回限定 :2006/09/20(水) 00:04:00 ID:TrCqD9kD0

(4) 「あなた」を許すことには、満足感が伴う。
さやかさんルートでは、達哉が当初わからなかったこと:
「自分のためにあなたが犠牲になるよりは、あなたのために自分が犠牲になった方がよい(場合もある)」
ことを、さやかさんの気持ちになって理解する。

ではなぜ、自分が犠牲になることを許容できるのか?それは、瑠璃色編の琴子さんのように
「あなたを信じて(自分が犠牲になることを)許してあげた。それには深い満足感が伴う」
であろうからだ。

だからきっと
「自分の意志のために、あなたが犠牲になることは自分にとってつらいこと」だった
さやかさんを月に行く気持ちにさせたのは、達哉達が自分(さやかさん)を許すことに満足してる
(=信頼の証でもある)ことにさやかさんが気づいたからだと思う。
千春さんと琴子さんが作っていたような家族とは、それが双方共に出来る関係のことだろうと。

では、相手の立場に立つことも出来ない、仕方ないとも思えない絶対的なことを許すことが出来るか?
例えばエステルが地球などのなにか(つまり「あなた」以外のなにか)をどうしても許せないとしたら。

そのときは、相手を許すことの出来ない自分の代わりに、エステルにとっての「あなた」が
その相手を代わりに赦してくれるように祈るしかない、とか考えてみる。

213 :名無しさん@初回限定 :2006/09/21(木) 13:52:16 ID:aPS0IbVs0

妄想の続き。あけるりには上記の(a)パートナー (b) 家族や隣人など身近な人に加えて、
(c)あまり身近でない人々や集団同士の関係についても取り扱っている。
では、そういった人々同士の間で、お互いに許し合うことはできるのだろうか?

瑠璃色編によれば、双方に「理想を示す」ことがその第一歩になるのだろうと。
(どういうのが理想が示された状態なのか?は博物館の研究員が少し述べていたりする)
もちろんこの考え方は別な「賛否両論」であって、実際にはなかなか難しいと思われる。

だけれども。エステルの持っている教団の本には、上の方に書いたように
おそらく地球を出て月に新天地を求めた人々の物語が書かれている(いた)のではないか。
そこには、月の世界を創った人々の「理想」も必ず含まれてただろうと。
また彼らを送り出した人々の理想についても。

その「理想」は、途中の不幸な出来事により頓挫してしまったかもしれないけれど、
(その時に身を挺して悲しいことを引き受けた存在についても、書かれていたかも知れないが)
人々を弔うことや誰かを赦すことに加えて、元々の理想を見出してその意味を受け継いでゆくのも
司祭の役割なのではないか。(実行するのはフィーナだとしても)
そのことが、異なる二つの集団の間の関係を赦すものになるのかもしれないとか言ってみる。

214 :名無しさん@初回限定 :2006/09/23(土) 09:10:29 ID:9rK5xB5c0

215 :名無しさん@初回限定 :2006/09/27(水) 12:57:59 ID:oich1OdB0

 

216 :名無しさん@初回限定 :2006/09/28(木) 09:30:47 ID:tyJaXZlq0

大丈夫。
読んではいるから。

217 :名無しさん@初回限定 :2006/10/17(火) 22:32:30 ID:kNhyLio70


218 :名無しさん@初回限定 :2006/10/17(火) 23:13:14 ID:xwcna0Hf0

全然意味わからないよ。お前文系だろ?

219 :名無しさん@初回限定 :2006/10/20(金) 20:23:45 ID:BWjqEcdn0

本編じゃなくてアニメ版にワールドが隠されていようとは

220 :名無しさん@初回限定 :2006/10/21(土) 00:50:05 ID:6OZAIQwc0

ワールドの意味違えてるから

221 :名無しさん@初回限定 :2006/10/28(土) 23:12:18 ID:cjwpnZ430

保守

222 :名無しさん@初回限定 :2006/11/08(水) 22:44:16 ID:JEf+0qcb0

age

223 : :2006/11/18(土) 13:46:08 ID:v6MdWpS40

クックックックックックック
ここをのっとらせてもらいます
クックックックックックック

224 : :2006/11/18(土) 13:46:57 ID:v6MdWpS40

でははじめましょう

225 :デジタルキャピタル :2006/11/18(土) 13:51:04 ID:y1EHj+QX0

        戦前の社内
氏名     における地位     戦後の主な経歴
――――  ―――――    ――――――――――――――――――――――――
村山長挙  ..社長        朝日新聞会長(1951-1960),朝日新聞社長(1960-1964)
上野精一  ..会長        朝日新聞取締役(1951-1970)朝日新聞会長(1960-1964)
緒方竹虎  ..副社長      ..衆議院議員、自由党総裁、吉田内閣副総理
原田譲二  ..代表取締役   ..貴族院勅撰議員、大阪観光バス社長
石井光次郎 代表取締役   ..衆議院議員、通産大臣
鈴木文四郎 常務取締役   ..参議院議員、NHK理事
美土路昌一 常務取締役   ..全日空社長、朝日新聞社長(1964-1967)
小西作太郎 常務取締役   ..日本高野連顧問
上野淳一  ..取締役      ..朝日新聞取締役、朝日新聞社主(上野元会長の息子)
杉山勝美  ..整理部長     朝日新聞取締役
長谷部忠  ..報道部長     朝日新聞会長(1947-1949,朝日新聞社長(1949-1951)
高野信    報道部長     朝日新聞取締役、テレビ朝日社長
荒垣秀雄  .報道第二部長  .朝日新聞論説委員
島田撰    欧米部長     朝日新聞論説副主幹
遠山孝    写真部長     朝日新聞取締役
飯島保    連絡部長     朝日新聞論説委員
朝日の個人情報 無料閲覧公開中!!

226 :デジタルキャピタル :2006/11/18(土) 13:58:21 ID:y1EHj+QX0

   ○
      |├───-─┐
      |│★ /  / │
      |│⌒ヽ /  │
      |│朝 ) ──│
      |├────-┘
    ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (-@∀@)<  おらおら愚民ども、日本の良識アサピー様が
  φ⊂  朝 つ  | いるんだぞ!朝日を毎日読みやがれ!
    | | |   \__________________
    (__)_)
 
これが、朝日の本性なのだよ。それでも、君は朝日を購読するのかね?
それに朝日は秋葉原のオタクを馬鹿にしているではないか!!!
秋葉原をなめやがって!!!!!!

227 :安部Tく弥 :2006/11/18(土) 13:59:06 ID:v6MdWpS40

またでたよ
いいかげんに個人情報流すのやめろよ
しかも朝日をかくなんて
まーA部のことならいいけど
朝日にききききき 許可をとったのかよ

228 :名無しさん@初回限定 :2006/11/18(土) 16:08:18 ID:Cc7yAEYF0

下らないスレだ

229 :名無しさん@初回限定 :2006/11/18(土) 19:52:26 ID:ri2AFiYi0

朝(鮮)日(報)イラネ

230 :安部Tく弥 :2006/11/20(月) 15:45:51 ID:AJyu0mdt0

228 :名無しさん@初回限定 :2006/11/18(土) 16:08:18 ID:Cc7yAEYF0
下らないスレだ

誰だこれを打ったやつ本名出してでてこい
こっちは本名だしているんだぞ

231 :安部Tく弥 :2006/11/20(月) 15:54:59 ID:AJyu0mdt0

わたくしは14歳なのですが、最近抜け毛が多くて 明らかに髪が薄くなってきました 20歳になる頃には全部 なくなりそうです
AGA治療もやってみたいのですが高いと聞いたことがあるのでやれません助けてください
これはA部Tく弥じゃないですか

232 :デジタルキャピタル :2006/11/20(月) 15:58:20 ID:kEVLSPvD0

クックックックックッーーー安部くんかわいそうに
すえまつくん元気かい?

233 :デジタルキャピタル :2006/11/20(月) 18:42:50 ID:kEVLSPvD0

ドッカーーン!!(重要)
         朝日新聞本社
         .|ロロロロロ|\
         |ロロロロロ|  |゙
         .|ロロロロロ|; .|           
     ;(⌒〜|ロロロロロ|〜⌒);;  
      (⌒;;⌒;;〜⌒);;〜⌒
               `---------、        ∧∧
                       `ー---、    (´∀` ) <こっちもおまけにもう一発!
                            |  ┳入 ) 
                            `、| ̄|<<


234 :安部Tく弥 :2006/11/20(月) 18:47:31 ID:AJyu0mdt0

徳州会は、まあ、あかん
ヤブ医者、鹿児島で警察に捕まっとる
これからの、パフォーマーは A部が主役!
さて
学校は、A部を 馬鹿けどよ
徳州会に毎日いってるだでよ
回生園とか、Tく州会
とか、コケにするけどよ
頭悪くても、ニートだでよ
A部は、T州会が、嫌いだけどよ
でも毎日いってるだでよ。ホダヨ!
Tく州会に、感謝してよ。
いきなり、やったろみゃーか、ドリームポケット。
A部は、ええよ。徳州会味方だがね。
Tく弥は、ええよ。徳州会そのものだがね。
やっとかめ。ハイ!
徳州会、回生園、ドリームポケット。
ニート、ホームレス、馬鹿A部。
ゴー!ゴー!徳州会。未来の徳州会A部Tく弥。

題名は「Tく弥はA部 徳州会」です
みなさんも歌ってください

235 :名無しさん@初回限定 :2006/11/20(月) 18:51:49 ID:rdayvmpQ0

>>234
何が楽しくてageてまでカキコしてんの?
こんなスレ潰せよ。
つうかこんなとこで徳州会話題にしてどうすんだよ
病院・医者板に(・∀・)カエレ!!

236 :デジタルキャピタル :2006/11/20(月) 18:52:32 ID:kEVLSPvD0

きみ、すばらしいね!ぜひ今日から毎日歌わせてもらうよ!!!!
もっと、ほかにもすえまつはええよとかさとみはええよも作ってくれ!!!

237 :安部Tく弥 :2006/11/20(月) 18:53:28 ID:AJyu0mdt0

君も帰ったほうがいいよ

238 :デジタルキャピタル :2006/11/20(月) 18:54:09 ID:kEVLSPvD0

あの、235の人勘違いしないでもらいたい。これはただのおふざけなのだよ

239 :安部Tく弥 :2006/11/20(月) 18:55:25 ID:AJyu0mdt0

すえまつのは書けるけど さとみは書けないね

240 :デジタルキャピタル :2006/11/20(月) 19:07:18 ID:kEVLSPvD0

      安部卓也君、大分でも活躍中!!!  
       ,----、  朝日壊滅!                <@;:,.;'・  ',.;・            '.,.;・∧,;∧,.;' w
      ノ____ゝ                   ',.;・、,;''~・,;'      ',.;・ ,.;・    ,;'.;',.;' ・,.;'~
      (|| `ハ´)   ヾ从/             (>Q,;',.;ξ,.;'・   ∧w∧,.;・.i'"!    (゚- ゚i|l)`,.;' ・@つ
      (つ'~,ニ、ニ,ニll==';::;:;ゞ            と,.;'&O`.,;.,;  と(。 。i|と,ヽ,.;'~    と,.;'!・※`,.;'~
       / ~~ .O_|   ノWヾ             /,;'・'ノ~`;,    `;,?!'※ノ,.;'      |,;';:.∧,.,.,.
      (_ノヽ_)                  (ノ~';_)  ゛;.,   (/(ノ`;:,.と@;,:;ξ⌒O(>,;O<)つ


241 :安部Tく弥 :2006/11/21(火) 14:29:21 ID:GihZhBW70

あなたは知っているか 今から14年前
徳州会の中でA部の話がはやっていた事実を!

あなたは聞いているか ドリームポケットいじめていることがを
徳州会を行く際にドリーム車を使っている事を!

あなたは気づいているか 徳州会の面積の
およそ2割がA部に占められていることを!

もしも徳州会が 直下型大地震で壊滅したとしたら
そう! 徳州会の権限はA部へ移り
ドリームポケットがドリームA部に
徳州会にA部Tくしゅうかい作り
そして! 回生園が A生園になるのだ

「Tく弥はA部」の2番です

242 :名無しさん@初回限定 :2006/11/21(火) 14:40:38 ID:SX1nyMFN0

↑のこいつらどうする?
削除依頼出すか、そのまま放置するか。

243 :安部Tく弥 :2006/11/21(火) 14:45:58 ID:GihZhBW70

回生園も もう あかん
終ってる 住みにくい 頭おかしい
これからの イニシアチブは A部にキマリ!

さて私たち A部が怒ったらよー
徳州会 行かせんよー

遅れとるとか ヤブ医者とか バカにするけどよー
お金が高い しるしやー

A部は 何をやっても 馬鹿なんだよー
最初に徳州会作ったのは A部一族だでよー たぶん

徳州会の 看板に 乗っかってよー
もっぺん やったろやんけ 徳州会

A部は ええで 徳州会が あるねん
A部は ええで 徳州会が いじめてる
やっとかめ ハイ!

ヤブ医者 徳州会 ドリームポケット
回生園 障害者 ぼったっくり

ゴー!ゴー!A部! 現在のヤブ医者 A部!
待ってらーよ まぁ見てらーよ 天下をとるでよー

「Tく弥はA部」 3番です

244 :デジタルキャピタル :2006/11/21(火) 15:32:50 ID:IgeMLmqi0

242番さん243の安部卓弥さんの削除した方がいいですよ!
放置したらなおさら図にのって書きますよ!
なんなら、僕が削除依頼だしましょうか?
あとオーガストって株式会社なんですか?

245 :名無しさん@初回限定 :2006/11/21(火) 16:22:42 ID:ImHbgQCk0

自作自演が丸わかりってのはみっともないよな。
やるならやるでもう少し気を遣わなきゃ。

246 :名無しさん@初回限定 :2006/11/21(火) 16:38:23 ID:Cadg98Z90

>>244
オーガストは株式会社葉月のブランド。
子会社に株式会社ARIA。

247 :名無しさん@初回限定 :2006/11/21(火) 16:54:30 ID:N0Ii5cyx0

>>244
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%88

248 :名無しさん@初回限定 :2006/11/22(水) 01:43:04 ID:yRUJDHoY0

次のPUSHにべっかんこうのイラスト講座とインタビューが載るね。

第1回
キャラを描き分けよう!

第2回
いろいろな角度から描いてみよう!

249 :デジタルキャピタル :2006/11/22(水) 17:00:36 ID:y5Kas2Hf0

べっかんこうさんて夜明け前より瑠璃色なを作った人ですよね
とらのあなでそのまんがを買おうと思うんですがおもしろいんですか?

250 :名無しさん@初回限定 :2006/11/22(水) 19:05:35 ID:oNZMlBTb0

何この馬鹿

251 :名無しさん@初回限定 :2006/11/22(水) 20:52:12 ID:Rt+8KQ2/0

スルーしておけ。

252 :名無しさん@初回限定 :2006/11/23(木) 00:28:39 ID:4OWx/sWX0

人いたの?w

253 :名無しさん@初回限定 :2006/11/23(木) 03:18:04 ID:HB5H4q/f0

過疎

254 :名無しさん@初回限定 :2006/11/24(金) 17:45:08 ID:tutxP3AH0

ちょっとみんな責めすぎだよw

255 :名無しさん@初回限定 :2006/11/28(火) 03:57:37 ID:2NlU5wUe0

もうすぐ発売の時期ですね。下がってきたしハズかしいことでも書いてみるか。

あけるりとエステルたんについて沢山わけのわからんこと:例えばあけるりが
仕方のないことをお互いに許していくという過程を含んでるなら、エステルたんの場合も
・自分の過去のことや地球のことを「あなた」を媒介として許していくこと、
・司祭として誰かのために人や物事を赦すことや理想を伝えていくこと
などとか言ってみたのだが、

でも実際の(?)エステルたんは、たぶんそんなに強くはなくて。

256 :名無しさん@初回限定 :2006/11/28(火) 04:01:04 ID:2NlU5wUe0

きっとエステルたんは、意地っ張りなところがもっともっとかわいくて、
何事も真面目できっちりしてないと気が済まなくて、でもときどきうまくいかなくて、
それでもそれを人には知られたくはなくて。好きな感情も胸に秘めて、ひそかにどきどきして、
ときおり見せる無防備な素顔がかわいくて。

だからそんなエステルたんのお話を、フィーナと同じくらいの密度で
見せてくれたらいいと思った。

エステルたんが、嫌いな場所やもののあいだで過ごして、
人を好きになることを覚えて、暖かいものを持つことを知って、
いろいろ悩んで、自分の人生と生き方とを見つめて、
例えば他の人にも関わるような役割の意味を知って
成長していく姿を見ることが出来たならと思う。

257 :名無しさん@初回限定 :2006/11/28(火) 04:08:14 ID:2NlU5wUe0

フィーナが最後WAX&WANEで、達哉と(恐らくは)
物理的に離れていても(もしかすると永遠に別れることになっても)
見上げるときにはいつも「あなた」の存在を感じることが出来るようになったように、

二つの国の間で苦労してるはずのさやかさんが、(おそらくは以前
目指したものを次世代のフィーナと達哉に引き継ぐために)どんなことがあっても
諦めなかったように(一人で出来ることには限りがあるというのはリースの台詞だが)

エステルたんが最後には、自分の思うことあなたとの両方とも大切だと
言えるようになるのかも知れないけど、でもそんなこともどうでもよくて。
エステルフリージアたんのこれからの人生が、夜明けの輝きのように祝われて欲しいと思った。
フィアッカには花束をあげたいけれど。

258 :名無しさん@初回限定 :2006/11/28(火) 09:31:01 ID:nKvuDgE/0

>>255-257
つチラシの裏

259 :名無しさん@初回限定 :2006/11/28(火) 13:08:26 ID:f0eRwUIK0

よくもまあ達也みたいな糞主人公を許容できるな。
尊敬するよ

260 :名無しさん@初回限定 :2006/11/29(水) 09:19:28 ID:X/moHidi0

>>258
このスレがチラシの裏なんだよ

261 :安部Tく弥 :2006/11/29(水) 17:11:05 ID:49Fzzopt0

                   _
                 ,'´r==ミ、
            ,_ _ _   卯,iリノ)))〉 _ _ _
         /   `."-|l〉l.゚ ー゚ノl/    ヽ 
        '"'⌒`~"'" ''|!/'i)卯iつゝ '''"ー"``
                ''y /x lヽ  昔、ここに朝日本社が
               l†/しソ†|
               lノ   レ     あったそうな・・・
             ____
 ゙"  "''"  "゙"  ゙"/::ヽ____ヾ"  ''゙"  ゙インチキの罪で倒産しました
 ゙" ゙"  "  ゙"'' ゙" |ヽ/::朝日記念碑 ヾ''" "゙"  "'' ゙"゙"
゙"  ゙'"  "゙"   ゙" .|:: |         | ゙"''  ゙"゙"  ゙"  ''゙"  ゙"゙''"
  ゙" ゙  ゙"  ゙"''  |:: l::        |゙''" "゙"  "''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙
 ゙"  ゙"   "゙" ゙"|: :| 2007年×月×日 |  ''゙"  ゙"゙''""゙"  "''""゙"  ゙"  ゙"''
゙"  ゙"  ゙""'"Wv,_|:: l  倒産の日     |、wW"゙"  "''" "゙" ゙"  ゙"'' ゙"゙
゙" ゙"''"  ".wWWlヽ::'ヽ|:::::_::______:_|::\W/ ゙"゙''""゙"  "''""゙"  ゙"
"'' ゙"''"゙"  V/Wヽ`―――――――――lV/W  "''" "゙" ゙"  ゙"'
゙""'  ゙"''"  "゙"WW''―――――――wwww'  ゙"゙''""゙"  "''""゙
゙"''"  "゙" ゙";;  ;; ;;;:: ;; ;;;:: ::: ::;; ;;;;; ;;;:: ;; ;;;:: :::::;;;;;;; ;;;゙"'' ゙"



262 :名無しさん@初回限定 :2006/12/01(金) 00:46:42 ID:cBLqI/Zp0

そら達哉の人格はヘタレでも、フィーナに対する役割は一種の救世主として働いてる
ように見えるからなあ(妄想)。上の妄想の繰り返しだけど、達哉サイドからみれば

フィーナの姫という身分から来る原罪(に対する彼女の告白)を赦し、
その感謝を忘れたフィーナに対して罰を与え(サンドイッチをなぎ払うことぐらいだがw)、
他の人の価値観に頼らずに自分の意志を貫くことを教える(これはあけるり特有かもしれない)。
瑠璃色編では、張り付けになるかもしれんフィーナの「苦難を引き受ける」と言い
自分を離れて一人で生きようとしたフィーナを水辺の遺跡で叱ったりしている。

水辺の遺跡では少し面白くて、フィーナが「あなた」と共に生きることを再び確信した後
フィーナは川に落ちて水に浸かったりする。達哉も一緒にというのがいいところだが、
水に落ちるというのは割と的確な(?)モチーフを使っている気はするw
(そのあと妖精のような格好をしたリースも助けてくれる展開になるが)
お腹を減らしたフィーナと達哉が家に帰った後、何を食べたのだろうか。

エステルたんの相方としては、個人的に思うところはあるがな

263 :名無しさん@初回限定 :2006/12/01(金) 00:51:46 ID:cBLqI/Zp0

関連して、ヒマだし訳の分からんことを少し書いてみれば。上にも書いたけど
月に宗教教団があるというのは非常に面白い設定で。つまり大変な環境で生活を支える
技術を持ってることが、人々の信仰の基盤に繋がっているということは、

教団が何かを与えてくれるから有り難く思うという、いわゆる
「奇跡による信仰」とでもいうものの姿が、割と端的に示されうるからで。
もちろんそれはそれで重要なことだというのは、フィアッカが行動しているとおりである。

エステルたんがそれにどのように思うのかは知らないけど、もし(フィーナが言うように)
成長するということが必要であって、いわゆる
自由な意志(による信仰)というものへの転換が図られるなら、なかなかに面白いことで。

それがどんなのかを示すのは難しいけれども、例えばフィーナと達哉の最終的な関係:
自分の意志を持ちながらも「あなた」と共に生きるというようなことが、同様に
月教団と月の人々との関係に敷延されうるのかもしれない。
とか、そんなアホなことも考えてみたくはなる。

264 :名無しさん@初回限定 :2006/12/01(金) 09:11:12 ID:5VeA7Epu0

いや、あんたは偉い。

265 :名無しさん@初回限定 :2006/12/01(金) 11:36:05 ID:cHVMD3T60

舞子は目を逸らしながら僕のジュニアに手を・・まで読んだ。

266 :名無しさん@初回限定 :2006/12/02(土) 18:32:20 ID:vq/2LOQ+O

ありえなくない?

267 :名無しさん@初回限定 :2006/12/09(土) 18:18:47 ID:AR84dDCj0

   /"V ̄"'' ̄ヽ          /|
 | ̄/  /  /   /ヽ         | ヽ
. |  |  |  .|   .|  ヽ        ヽ .ヽ
.(  .|  |  |   ヽ  \      ヽ ヽ
 ヽ ヾ :|  :|  ヽ ../" )      _,,,ゞ \_,,,
  \ ヽ:|  |_,,ー-  ∠,,_  −ヽ \//|
   ヽーー(___,,,/ /  ヽ" ム ;|  | / <,_
        \;;;;   /  /; // |  .//,,,--_ "ー-,,__,,,,
         \,_/   / / |\,| , プ/--,,_rー−−-"
            ゝ  ./  ヽ/, //ー;, /./-r,,
             |  / ○,|//\/ヽ__>  /  ヽ  みやびちゃんぷりちー♪
            . | / ○ / \,,,/ _,,,/o/__  |
             V ○∠--,ーー'/0/ ̄ "'''V
              |ヽ ./ ⌒|ヽ/○/-ー=ー/
              "--,,◎,  ○/  (;;;|;;|;| ;/
                  ̄"'ー-'    "ー−"

268 :名無しさん@初回限定 :2006/12/16(土) 20:11:05 ID:gf0/MG7K0

エステルたんルートを終えたのでチラシの裏の妄想。ネタバレ

基本的に地球のことが嫌いで、でも少しずつ地球人を受け入れようと努力して、
だけど礼拝堂を物見気分で荒らされ--それでも許そうと思ったけど、駄目だった。(8/3まで)
そんなエステルが、その後かわったきっかけは何だったのだろうか。

作中ではいろいろ語られてるけど、つまりこういうことなんじゃないかと妄想してみる。

エステルが今まで勉強してきたこと。司祭になることも、外務局を目指したのも
周りから受け入れられなかったこともあるが、結局それは自分のためだった。

でも。何もなくなった後で、学院の学生がエステルのために折ってくれた折り鶴を見て、
幼い日にモーリッツが与えてくれたものを思い出して、達哉もエステルのために
来てくれていることを思い起こして。

人のために何かをすることの"暖かさ"を、このときエステルは初めて知ったのじゃないか。
さらに司祭という職は、それを(今度は)自分が人に行うことが出来る職なのだと。

そして見学会で。今までとは違って、他の人のために努力することが出来たエステルは、
礼拝堂に降り注ぐ光の中で祝福される。

269 :名無しさん@初回限定 :2006/12/16(土) 20:13:49 ID:gf0/MG7K0

今のエステルなら、モーリッツを「赦す」ことが出来るとカレンは言う。
それは、過去のことを肯定できるようになったことに加えて、司祭として
人のために生きることの意味を知ったからではないだろうか。

ところでおまけでエステルは「赦すことで救うのではなく、罪悪感に悩まされてる人に
罰を与えることで救うのです」とか物騒なことを言っている。

では、最後にフィアッカがモーリッツを「救った」のは、このどちらなのだろうか。
始めに、フィアッカが罰を与えることで救ったのだと考えてみる。

贖罪を続けることが自分の生き方になっているというモーリッツにとって。
今まではカレンしか知らなかった罪をフィアッカが記憶することは、
モーリッツに永遠に罰を与え続けることになる。
それは罪を科されることを望んだ彼にとっては、永遠の救いになるのだろうと。

だけれども。やはりここで、フィアッカは(エステルの代わりに)モーリッツを
「赦した」のだと考えてみたい気がする。何かが解消していった--つまりモーリッツも変わったからだ。

ではフィアッカが記憶することが、なぜ赦すことに繋がるのか? 

270 :名無しさん@初回限定 :2006/12/16(土) 20:17:59 ID:gf0/MG7K0

もし自分が別な生き方をすれば、過去の罪はそのまま知られずに霧散してしまう。
だから、その過去から「自分が」離れるわけにはいかない。

でももしフィアッカがそれを記憶するのなら。モーリッツが例え忘れることがあっても、
フィアッカが覚えている。それで初めて、モーリッツも新しく歩めるのではないか。
(フィアッカは、モーリッツの罪を記憶することでそれを自分に引き受けているとも言える)

フィアッカがモーリッツを赦したのは。それはおそらく、贖罪のために司祭になった--
つまり「自分が楽になるための」贖罪や行動であったとしても、そのことが幼い日のエステルに
これから生きるためのきっかけを既に充分に与えたからじゃないか。

エステルが悩みの末に見出した一番大切なもの--彼女が生きて、今度は人に与えることが
出来るものを、モーリッツは既に与えたからだと。

エステルとモーリッツは地球と月に離れてしまったけど。お互いに言葉に出さなくても
それぞれが今までの自分とは違う目的で生きることが出来る。
その二人の司祭の門出に、やはり祝福があればよいと思う。

ということでとてもいい話だった。何かもうエステルたんの全てが好きだ
毎日のようにエステルたんエステルたんと書いて待ってた甲斐があったような(?)

271 :名無しさん@初回限定 :2006/12/17(日) 07:04:19 ID:MWkOjrjR0

エステルが地球で強姦とかされたら・・・・どうなるだろうな

272 :名無しさん@初回限定 :2006/12/17(日) 15:31:12 ID:74DBUTJg0

>>270
良かったな。
楽しめたようで何よりだ。

273 :名無しさん@初回限定 :2006/12/17(日) 17:01:07 ID:WucckZBX0

>>271
そうならないように、俺がエステルたんを守るよ!
万一そうなっても、いつでも俺はエステルたんの側にいる。

実は日曜礼拝の日などに礼拝堂を荒らされたのは、そのことのアナロジーにもなってると思うんだな。
ついでにこれは、瑠璃色編でフィーナの言う「人と人が交わればトラブルは起こる。
だけどそれは乗り越えられるし必須の課程である」とかいうことに対する、強烈な
現実(アンチテーゼ)にもなっている。

それはエステルたんが立ち直っても、やはり見学会当日にぶしつけな連中が現れたように、
エステルたん(や達哉)ではどうしようもないことで。その意味では、エステルたんルートは
瑠璃色編でのフィーナの説得力を減じさせる方向になっているのかもしれない。

達哉はそのことに気づきながらも、「住む場所で人を判断するのは〜」としか言わない。
エステルさんにしてみれば、だから自分は見学会を了承した、だけど実際に会ってみたら
彼らは大切な物も(礼拝も)わからずにそれを踏みにじった、という思いがある。

「住んでる場所」が問題ではない、「デリカシーのなさ」が問題なんだが、そこを達哉もスルーしている。
そのエステルたんの「無念」をどこかですくい上げて欲しいとは思っていたが、

274 :名無しさん@初回限定 :2006/12/17(日) 17:05:03 ID:WucckZBX0

それでもこの話が成り立つのは(そうしなかったのは)、
エステルたんが極度にストイックな人だということと、エステルたんが自分の
今までの人生を見つめて、悩んで考えて、司祭とはどういうことかを考えて、
内面を育てていく話だからなんだよな。

泣きながら千羽鶴を抱きしめて、それでも甘えるわけにはいかないと言ったエステルたんが
なんというかとても好きだよ。

>>272
それはありがとう。見たかったものを描いて見せてくれたという感じでとても満足感がある

最後にモーリッツが乗った連絡船を見上げるエステルたんの言葉とあの音楽を聴くと、これは
エステルフリージアさんとモーリッツ高司祭の二人の話でもあったのだなとあらためて思ったが、
(だからモーリッツにとっても、新たに司祭としての意味を見出した話であって欲しいと思った)
やはり少し寂しい気もした。この歌とエステルたんの音楽とOPがとても合っていて良かった。

275 :名無しさん@初回限定 :2006/12/18(月) 22:35:30 ID:sNGbArgp0

むしろエステルたんの気持ちの変化は、こういう感じなのかなと妄想してまとめてみる。

満弦ヶ崎の一般人が礼拝堂などで取った行為は、
(住んでいる場所に関係なく)デリカシーのないものだった。

だけど、自分が達哉に始めの方に取っていた態度だって、
彼らと同じく充分にデリカシーのないものだったことに気づいた。

しかしそんな自分を達哉や他の人は心配してくれたし、それを許してくれた。

それでも。これらすべてを理解しても、許すべきだとも感謝しなければならないと
頭ではわかっていても、そうすることは出来なかった。それは今までの自分を
捨てることになるからで、そしたら自分には何も無くなるという恐れがあったからだ。

だけど実際には自分は一人ではなくて、自分には何も無かった訳ではなくて。
側にいたモーリッツが与えてくれたものがあったことに、(達哉のおかげで)
気付くことが出来た。

そして見学会で。その与えてくれたもの--人の役に立ち感謝されることの
喜びを知ることが出来た。

いや本当に、エステルさんの感情の変化を丁寧に描いた、とても良い話だと思った。

276 :名無しさん@初回限定 :2006/12/19(火) 09:14:48 ID:W7xoUDPP0

赦し合い、与え合えってことか。

277 :名無しさん@初回限定 :2006/12/20(水) 12:52:43 ID:t1wcWfhU0

榊原氏が読んだという本の表現を借りれば。
モーリッツがエステルに幼い日に与えたもの--エステルの原点となったもの、
それはいわゆる「一本の葱」といえるものなのかもしれない。ここは葱板だし

モーリッツは彼の原罪となってるものを、本来一生背負っていくはずだったのだが。
エステルに与えた一本の葱のために、(赦すでも罰を与えるでも)
最後フィアッカは彼を救うつもりになった。なぜなら、

その一本の葱が、地球でエステルの中にしっかりと根付いて育ったからだ。
それは、今度は彼女が人に与えることの出来る葱である

---とか言ってみる。作中では語られてないので、ただの妄想なんだが

地球にエステルが来たのも、モーリッツの罪に起因するものだったが
でもその幼い日のことがあったために、彼の行為はいわゆる善行に転化している。
また二人とも司祭で、エステルが立ち直るだけではなく司祭として生きていくための
原点となったということでも、なかなか味わいのあることではある。

エステルたんルートの達哉は、本人の感情をあまり交えずに
淡々と諭していくところが、逆に若い修行僧のようではあった。

278 :名無しさん@初回限定 :2006/12/20(水) 20:04:37 ID:gGmgBVfe0

そう言えばはにはに以前と以降のユーザーでは
「ワールド」の意味が違ってる人がいるな。
以前ではSF展開そのものを指しているが
以降ではどんでん返しだと思ってる人も

279 :名無しさん@初回限定 :2006/12/21(木) 07:24:13 ID:79FbLBrT0

はにはにも夜明けも、全てワールドの中の物語

280 :名無しさん@初回限定 :2006/12/21(木) 15:10:20 ID:aNavsM9u0

>>269
>今のエステルなら、モーリッツを「赦す」ことが出来るとカレンは言う。
>それは、過去のことを肯定できるようになったことに加えて、司祭として
>人のために生きることの意味を知ったからではないだろうか。

今のエステルなら、天罰を加えるんじゃないか?

281 :名無しさん@初回限定 :2006/12/26(火) 20:52:16 ID:ZNADo8NX0

や、どんなものだろうか。少しヒマなのでチラシの裏
エステルがどういう風にモーリッツを許す気持ちになるのかと妄想してみると。
モーリッツの若い頃の行いのために、エステルさんは沢山大変な目にあったし
それはこれからも逃れられないことではあるが、
でも同時にモーリッツはエステルに大切なものを与えてくれた。
それを思い出したから、という感じだろうか。

ではエステル自身に対することだけでなく、例えばエステルさんの両親などに対する
モーリッツの罪を、エステルは赦すことができるだろうか。
フィアッカ先生ならそれを出来るかも知れないが、おそらく
エステルとモーリッツの関係は、赦すとか罰を与えるとかではなくて
もっと柔らかい--言葉に出さなくても思いやれるような、そんなもののような気がする。

フィーナと達哉であれば、何でも言い合って
それこそお互いに罰を与えたり赦したりするのだろうけど。

282 :名無しさん@初回限定 :2006/12/26(火) 20:55:58 ID:ZNADo8NX0

あけるりというは「あなた」の存在---
生きていてもしんでいても、遠くにいても会えなくても、「きっと大丈夫」と言えるような
「あなた」を心の中に確立していく話でもあるとすれば。

エステルさんにとっての「あなた」とは、モーリッツ高司祭や達哉そのものというよりはむしろ
高司祭から教えられたことなのかもしれないと思った。
それはまだ本当に小さな芽を出したばかりで、これからエステルさんがそれを確立していくには
まだまだ彼女は悩むのだろうけれど。それを直接見れないのは少し寂しいことでもあるが、
でも最後にエステルさんが皆に祝福されて本当に良かった。

283 :名無しさん@初回限定 :2007/01/02(火) 18:03:26 ID:8IqAvHtJ0

>>278
や、俺はBPからだがはにはにまでは急展開、あけるり以降は(擬似)SF設定だと
思っていたんだが。

284 :名無しさん@初回限定 :2007/01/03(水) 13:33:09 ID:6dVIygR50

あけるりはアニメ板がワールド。

285 :名無しさん@初回限定 :2007/01/22(月) 09:06:49 ID:LSL9dbTO0

1/20はモーリッツ高司祭の誕生日だったらしいですね。沈んでるしチラシの裏の電波
静寂の月光教団は色々まざって出来たものらしいが。
アリアやカリヨンは教会用語でもあるし、王様のテオはたぶんTheo-logy(神学)から
なんだろうけど(Theo Earthlightで「神の地球光」)、タイトルの

 夜明け前より瑠璃色な

は佛教用語のようにも見える。というより「夜明け前の瑠璃色の光」といえば
東方と過去を司る、ある仏のことをすぐに思い浮かべるな。日の光と月(下弦)の光
が照らす夜明け前の瑠璃色の世界は三尊のモチーフでもある。

ライター氏がそんなこと意識していたかは分からんが、プリホリでシルフィに
「度一切苦厄」 「亦無老死尽」を平文にして読ませてるところを見ると、当然
知っていてもおかしくはないという気はする。

少し興味深いのは、佛教が苦しみの原因である(いわゆる)十二因縁を滅することで
苦しみから離れるという考え方であるとすれば、

286 :名無しさん@初回限定 :2007/01/22(月) 09:10:24 ID:LSL9dbTO0

あけるりでは例の「達哉も立場も大切なの」という言葉に象徴されるように、
フィーナ達の苦しみをうみだす原因となってるもの----
身分・生まれ・責務・過去や自分の意志・好きなことなど
(過去の因と現世の因といえるか:上の方では原罪とか書いたが)
を決して捨てたりはしないで生きていくという(反対の)考え方であることである。

これらはまた、人は過去の集合体であり忘れていても未来に繋がっている
という言葉にも表れている。それらの逃れられない因と苦しみをあけるりでは滅しようとはしない。
(このことは、王子の身分を捨てて出家したということと対照的な何かなのかもしれない)

それでもきっと大丈夫というわけで。
その苦しみの解消は、あけるりではお互いを理解して許すこととか
会えなくても想い続けることが出来る「あなた」を持つこととか、上の方に書いたのだが
その生き方が夜明け前の瑠璃色よりも輝くものなのかはわからないが、
エステルフリージアさんやフィーナ達にとって、そうあったらよいとも思う。


ところで、エステルたんルートで少し気になっていたのは。エステルが司祭としての生きる
原点になったものは、幼い日にモーリッツが与えてくれたものだった。

287 :名無しさん@初回限定 :2007/01/22(月) 09:13:51 ID:LSL9dbTO0

しかし誰しも、過去にエステルにとってのモーリッツのような人がいたわけではない。
自分の中を辿っていったときに、やはり何も良いものは無かったということもあるかもしれない。
ではそういう人は救われないのだろうか? 

モーリッツが司祭になったのは、贖罪のためであるといった。少なくとも彼にとっては、
司祭になりたいと思った原点を与えてくれた誰かは(作中では)いなかったということである。
地球に来る前までのエステルさんと同じように、ある意味自分のためのものだったとも言える。

しかしそのような場合でも、あけるりでは救われうるということが最後に示されている。
たとえモーリッツにとって司祭となった(ポジティブな)原点が無かったとしても、
(その生涯が苦しみに満ちたものであったとしても)
彼はエステルに未来に繋がる大切なものを与えることが出来た。そのことは、
エステルだけではなくモーリッツのこれからの未来にも繋がっている。

この「事実」は、読む方にとってもある種の救いになるものかもしれなくて。
またそれは同時に、苦しみを与えていた過去の因を、誰かのための未来の良い因へと繋ぐ
ことが出来る、ということを示しているのかもしれないとか言ってみる。

288 :名無しさん@初回限定 :2007/01/22(月) 09:39:53 ID:aR2Fb2R90

静寂の月光では、善の対義語は悪なのか、それとも煩悩なのか。

289 :名無しさん@初回限定 :2007/01/22(月) 17:31:38 ID:cMfK81Wv0


まで読んだ。

290 :名無しさん@初回限定 :2007/01/30(火) 00:23:18 ID:yhpK5peZ0

>>288
こんな沈んでいるのに、レス早いんだなw 
>静寂の月光では、善の対義語は悪なのか、それとも煩悩なのか。
「善」「悪」「煩悩」が佛教(法相)や神学での意味ならなかなか難しいとは思うが
(佛教的か西洋的かと訊いているのかもしれんが)とりあえず

A. 人々が「自由な意志」を持つことの是非
B. それを制限することは罪なのか?

について作中ではどう考えられているのか、という問題としてみる。そのほかは後で考える
というのは、フィーナ達が特に無知だったり怒りやすかったり自分のことばかりではなくて
「正しく」道理をわきまえて生きていたとしても(仮に貪瞋癡慢疑悪見が少なかったとしても)、

もし「自分の意志」というものを持ってしまえば、それは他人と自分との間に解離をもたらし
苦しみをもたらすからで。Free willというのは唯識でどう分類されているのかはむつかしいが
簡単に言えばこれは「悪人がいなくても(エステルさんのルート以外)」起こる種類の苦しみである。
ミアも好きなことさえ持たなければ、大好きな姫さまと離れることはなかった。

それは人は自我を持った一人の人間であることに気づくから生じる
---その意味では我執によるものだと言ってもいかもしれないが。

291 :名無しさん@初回限定 :2007/01/30(火) 00:26:30 ID:yhpK5peZ0

フィーナやミアリース、エステルさんなど月人は基本的に
  責務等>>>>>自分のやりたいこと
という傾向があって、地球に来ること(達哉に会うこと)で
そのやりたいことや好きなことに気づくという構成になっているように見える。

フィーナは少なくとも最後には、自分の意志を持つことは
(人々にトラブルと苦しみを与えても)悪ではないと考えるようになっていて、
これはフィアッカの「人の自由な行動を制限しても人々を守る」ことと対立している。

このことから、教団(フィアッカ)には人が自由な意志を持つことは悪であるという判断も
あるように見える---が、フィアッカは同時にフィーナの言うことも理解している。

そこがなかなか面白いところで、リースor瑠璃色編で見せたフィアッカの逡巡こそが、
単純な教義では切りきれない人の現実---フィアッカが本当に「人にとって何が重要なのか?」を
考えている証でもあると思われる。

教団(エステルさん側)がどう考えているのかはわからないが。どこかでカレンが
エステルには、書物で学ぶ歴史だけではなくて、人がどのような理想を持っていたのかを学んで欲しい
とかいうようなことを言っていたが、エステルさんが将来もっと積極的に何かを変えてみたいと思ったとき。
フィアッカとフィーナの(考え方の)狭間で、どう考えていくのかは見たかった気もする。

292 :名無しさん@初回限定 :2007/02/02(金) 00:09:39 ID:adRKXaM20

下がりすぎなのであげ。

293 :名無しさん@初回限定 :2007/02/28(水) 20:28:15 ID:GCvs2BKa0

エステルフリージアさん
Even in sorrow, never forget that you are in my care.
Don't worry, for I am always by your side...

294 :名無しさん@初回限定 :2007/03/23(金) 12:23:41 ID:T2hrhx0a0

and, the hope that he has promised You...

295 :名無しさん@初回限定 :2007/03/23(金) 23:05:42 ID:5eSE7csZ0

nurupo

296 :名無しさん@初回限定 :2007/03/24(土) 12:46:59 ID:kpRl9c6h0

gutt

297 :名無しさん@初回限定 :2007/03/24(土) 21:00:09 ID:jZ59mxFO0

tenbatu!!

298 :名無しさん@初回限定 :2007/03/24(土) 21:14:54 ID:giNrJwK20

gotta bury you in the space!

299 :名無しさん@初回限定 :2007/03/25(日) 00:25:44 ID:2xfLI2/n0

ЛаписутанХАаХАа

300 :名無しさん@初回限定 :2007/04/12(木) 01:19:27 ID:Mb/9dXl80

少しほしゅ

188 KB