処女はお姉さまに恋してるSSスレ 第10話

115 :コマイ :2006/09/19(火) 23:38:22 ID:Q8/CUzTj0

美智子「あら、瑞穂さん、今日のお弁当はお赤飯ですか」
紫苑「瑞穂さん…もしかしてしょちょ…」
瑞穂「紫苑さん!そんなわけないでしょう!」
美智子「そうですよ紫苑さま、水泳の授業の時、あん♪って言ってたじゃないですか」
紫苑「そういえばそうですわね、いくら非常識な瑞穂さんでも今頃とは…」
瑞穂「もう、これは由佳里ちゃんの実家から小豆を送ってきたのでお赤飯にしたんですよ」
圭「見事に赤いわね」
美智子「お赤飯てどうやって赤くしているんでしょうね?」
瑞穂「由佳里ちゃんは、小豆と小豆の茹で汁でもち米を蒸していましたよ
   それで赤くなるんですって」
紫苑「昔は、赤米というのを使っていたんですよ、
   とても貴重なものなのでお祭りのときくらいしか食べられませんでしたけど」
美智子「へぇ、そうなんですか」
紫苑「なつかしいですね、私のいた神社でもお祭りのたびにお赤飯が供えていただきました」
美智子「?巫女さんのアルバイトでもしていたんですか?」
紫苑「いえ、まつられt(瑞穂ちゃんが紫苑さまの口をおさえた)」
瑞穂「紫苑さま…それ以上は怖いのでやめてください」

500 KB