処女はお姉さまに恋してるSSスレ 第10話

1 :名無しさん@初回限定 :2006/08/22(火) 01:44:31 ID:be9ICXWB0

ここは「処女はお姉さまに恋してる」のSSスレです。
優雅に礼節をもって進行していきましょう。
sage進行で。

「処女はお姉さまに恋してる」まとめサイト−「おとボク」SS作品リスト
ttp://takayan.s41.xrea.com/otoboku/ss_index.shtml

SS投稿掲示板@おとボクまとめ
ttp://takayan.otbk.root-node.net/ss/bbs_view.cgi?

おとボクSS投稿掲示板
ttp://cute.to/~hokuto/caramelkeijiban/story_bbs.php

メーカー公式
ttp://www.caramel-box.com/


Q&Aテンプレは>>3-4

197 :くぎばっと :2006/10/12(木) 19:05:26 ID:0sCitOR70

『「参加することに意義がある」なんてヌルいコトいってたら負けるのよ』

瑞穂ちゃん、まりや、ゆかりん属する赤組と
貴子さん、君枝さん、奏ちゃん属する白組はほぼ同点で最後の競技「騎馬戦」をむかえた

まりや「ふ、次で貴子との勝敗が決するわけね」
瑞穂「なんか、まりやがチームの主導権握ってるわね」
ゆかりん「まりやお姉さまはお祭り騒ぎが大好きですから」

貴子「お姉さまはともかくとしてもまりやさんには絶対に負けられませんわ」
奏「はうう、会長さん恐ろしいオーラを放っているのですよ〜」
貴子「猪武者のまりやさんなんかコテンパンにして差し上げますわ」

紫苑「それでは両軍とも位置について…」
紫苑はピストルを天に向け引き金を引く
乾いた音が鳴り響くと同時に赤白両軍が一斉に動いた

198 :くぎばっと :2006/10/12(木) 19:06:35 ID:0sCitOR70

まりや「いよっしゃあ!全軍紡錘陣形!敵軍の中央を突破するわよ!」
ゆかりんの率いる部隊が先陣となり△形を作り貴子軍に突撃する
ゆかりん「一番槍の手柄を立ててお姉さまに褒めてもらうんです!」
その一言が部隊の士気を高める

貴子「全軍凹陣形に!敵の力を受け流して側面に回りこみます!」
力で押すまりや軍は貴子軍に側面を突かれ混乱をきたしたものの
即座に味方を立て直し貴子軍と正面からぶつかる
君枝「会長!正面から当たっては力負けしてしまいます!」
貴子「しかたありませんね、少しづつ引いてあの場所までまりやさんを引き込みましょう」
貴子さんは部隊をじりじりと引き下げていく
勢いに乗り攻め込むまりや軍の猛攻により貴子軍は脱落者を出していく

貴子「まりやさん、調子に乗るのはここまでですわよ
   もはや騎馬の時代ではありません、これからは…」

       鉄砲の時代です

          号砲


199 :くぎばっと :2006/10/12(木) 19:08:46 ID:0sCitOR70

まりや「ちょっとまてええええええ」
ゆかりん「なんで種子島あぁぁ」
瑞穂「まりや!味方が総崩れよ!」
まりや「ええい!ここまで追い詰めたというのにっ!」
瑞穂「いったん引きます!」

奏「由佳里ちゃん種子島って単語知ってたのですよ〜」
貴子「敵は総崩れ!いまです!全軍突撃っ!」
奏「由佳里ちゃん、ごめんなさいなのですよ」
ゆかりん「奏ちゃん?え?あっ!」
瑞穂「まりや!由佳里ちゃんがやられたわ!」
まりや「ええい!貴子め!やってくれるわ!そっちが鉄砲ならこっちは…」


         大砲よ

          爆音


200 :くぎばっと :2006/10/12(木) 20:25:04 ID:0sCitOR70

貴子「そんな!一撃で鉄砲隊が」
まりや「ははっ、砲弾一発で形勢逆転よ」
圭「カトンボめ、落ちろっ!」
美智子「もう騎馬戦ではありませんねえ」

瑞穂「敵は残りわずか!一気に勝ちを決めます!」
まりや「よおし、突撃ぃ!」
君枝「敵とてたいした数は残っていません!」
貴子「全員突撃ぃ!」
両将が同時に突撃の命令を発す
その号令を聞いて軍が動く
乱戦の中で両将がお互いの最大の敵手を見つける
まりや「貴子!ここで決着つけてやるわ!」
貴子「ふ、返り討ちにして差し上げますわ!」
両騎が雄たけびを上げぶつかる

この年の騎馬戦、この年の体育祭の勝敗は記録に残っていない
ただ、体育祭史上に残る名勝負が展開されたと語られるのみである

500 KB