処女はお姉さまに恋してるSSスレ 第10話

1 :名無しさん@初回限定 :2006/08/22(火) 01:44:31 ID:be9ICXWB0

ここは「処女はお姉さまに恋してる」のSSスレです。
優雅に礼節をもって進行していきましょう。
sage進行で。

「処女はお姉さまに恋してる」まとめサイト−「おとボク」SS作品リスト
ttp://takayan.s41.xrea.com/otoboku/ss_index.shtml

SS投稿掲示板@おとボクまとめ
ttp://takayan.otbk.root-node.net/ss/bbs_view.cgi?

おとボクSS投稿掲示板
ttp://cute.to/~hokuto/caramelkeijiban/story_bbs.php

メーカー公式
ttp://www.caramel-box.com/


Q&Aテンプレは>>3-4

84 :小ネタをひとつ :2006/09/10(日) 19:56:25 ID:C7l/jKXJ0

ゆかりん「あっという間に9月も3週目ですね」
瑞穂「ぼやぼやしてるとすぐ中間考査よ」
奏「もうそんな時期なのですか〜」
まりや「テストやだな〜」
瑞穂「まりやは、勉強すればそれなりの点数取るでしょ」
ゆかりん「あたしもバカだからてすとはいやです」
まりや「ゆかりんはバカなんかじゃないわ、他人より少し劣ってるだけよ」
ゆかりん「結局バカってことじゃないですか!!」
ちゃぶ台返しAA略

美智子「そういえば胸の大きさと数学の点数は反比例するという話がありますね」
圭「そうなの?」
紫苑「あっ…」
美智子「あら?紫苑さま、ご存知なんですか?」
紫苑「私…数学が他の教科よりも苦手なんです…」
圭「…美智子の話もあながち嘘じゃなさそうね…」

85 :名無しさん@初回限定 :2006/09/11(月) 17:11:16 ID:wMC9GoFP0

由佳里って打とうとして、
「愉快r」って間違って打って思わず笑ってしまったww



ごめん。ただそれだけ。マジごめん。

86 :小ネタをひとつ :2006/09/11(月) 22:29:14 ID:14WSAlBZ0

朝の寮、作業着を着た男たちが数人やってきて
瑞穂「?何が始まるの?」
まりや「あれ?瑞穂ちゃん、聞いてないの?」
奏「トイレを新しくするのですよ〜」
ゆかりん「お風呂は何年か前に新しくしたそうですけど…」
まりや「トイレは何十年も変わってないからね〜」
瑞穂「ふ〜ん」

帰寮後

まりや「おおっ、しっかり新しくなってる」
瑞穂「あ、ウォシュレットだ」
まりや「さて、それじゃ一番最初に使う権利を瑞穂ちゃんに与えて進ぜよう」
瑞穂「いいの?」
まりや「うん、ちゃんと使い心地を報告するのよ」
瑞穂「毒見気分だよ」

瑞穂ちゃん使用中

瑞穂「ウォシュレット…?これ、ビデって何だろう…使ってみようかな?」
………ぽち
瑞穂「うひひゃう」
まりや「!どうした瑞穂ちゃん」
瑞穂「なっ!なんでもないっ!ちょっと水の勢いが強くて驚いただけっ!」
まりや「…あんた、まさかビデ使ってないわよね…あれ、女性用よ」
瑞穂「うう、玉に水当たって驚いたよ…」

87 :小ネタをひとつ :2006/09/11(月) 22:43:50 ID:14WSAlBZ0

まりや「ゆーかーりん、一緒にお風呂に入ろう」
ゆかりん「いやですっ!」
まりや「まーまー、そう言わずに裸の付き合いってやつで親睦深めよう」
無理矢理お風呂に引きずられていくゆかりん

まりや「そんな拗ねた顔しないでよー、ほら、背中流してあげるから」
ゆかりん「何で突然一緒にお風呂なんですか?」
まりや「う〜んやっぱりついてないわね…」
ゆかりん「?」
まりや「いや実はさ、ゆかりんの背中にチャックついてて、
それを下ろすとダイナマイトボディゆかりんが中から出てくる夢見ちゃってさ」
ゆかりん「…そんなのあるわけないじゃないですか!!」
まりや「そうだよねー、ごめんごめん」
ゆかりん「むーお姉さまこそ背中にチャックがついてて、下ろすとろりっ娘まりやお姉さまが出てくるんじゃないですか?」
まりや「なぜ知ってる」
ゆかりん「!!!!!!!!!」

88 :小ネタをひとつ :2006/09/12(火) 16:56:14 ID:4dv1Vily0

夜の寮の食堂で

まりや「最近、めっきり涼しくなったわね」
瑞穂「うん、でも涼しくなってきたら蚊が出てきたね」
奏「はう、食堂にもいるのですよ〜」
ゆかりん「私結構蚊に刺されちゃって痒いです〜」
まりや「へ?あたしは別に刺されてないけど…」
瑞穂「私も…」
奏「かなも刺されてないのですよ〜」
ゆかりん「なんで私だけなんですか!
   高貴なお姉さま方の血を吸うのは蚊ですら恐れ多いってことなんですか!
   どうせ私は庶民ですよう!」
奏「由佳里ちゃん…奏も庶民なのですよ〜」
瑞穂「あ…あのね、蚊っていうのは汗の臭いとか、二酸化炭素に向かっていくの」
まりや「汗ならゆかりんよりあたしのほうに来るんじゃない?」
奏「二酸化炭素は呼吸している限り出さないわけにはいかないのですよ〜」
ゆかりん「じゃ、みんな蚊に狙われる条件がそろってるわけですね」
まりや「ゆかりんの血が美味しいから狙われるんじゃない?」
瑞穂「でもね、臭いについて言うと…肉食ばかりしている人はそうでない人と臭いが違うのよ
   肉食ばかりだと蚊に狙われやすい臭いが出るらしいの」
ゆかりん「…肉食……………」
まりや「ハンバーグね」
奏「ハンバーグなのですよ〜」
瑞穂「ハンバーグの食べすぎよね」

ゆかりん「…蚊まで…蚊まで私を馬鹿にするんですかあああ!!」

500 KB