【BRU】バトル・ロワイアルU【聖杯戦争】

4 :ゲームルール :2006/10/22(日) 21:03:23 ID:Jh4aHJM90

【基本ルール】
・全員で殺し合いをしてもらい、最後まで生き残った一人が勝者となる。
・生き残った一人だけが、帰ることができる。さらに副賞として願いを1つ叶えることができる。(聖杯戦争なので)
・プレイヤー全員が死亡した場合、ゲームオーバー(勝者なし)となる。
・時間は無制限。
・毎日0:00、6:00、12:00、18:00の計4回、主催者から定時放送が行われる。

【スタート時の持ち物】
・プレイヤーがあらかじめ所有していた武器、装備品、所持品は全て没収される。
 ただし義手など体と一体化している武器、装置はその限りではない。また、衣服、時計、携帯電話は持ち込みを許される。(ただし携帯電話は改造したもの以外は常に圏外)
・プレイヤーの服装は学生は全員制服。それ以外のプレイヤーの服装は普段着。
・ゲーム開始直前にプレイヤーは開催側から以下の物を支給される。以下の物はデイバッグに詰められ支給される。
 バッグの中身は「地図」「コンパス」「筆記用具」「水(2リットル)と2日分の食料(パン)」「名簿(参加者全員の名前、学生の場合学年が明記されているもの)」「支給品(ランダムアイテム)」

【爆弾について】
・ゲーム開始前からプレイヤーは全員、胃の中に爆弾を仕掛けられている。(プレイヤーは管理者から「体内に仕掛けられている」という説明されているため胃の中と気づいていない)
・主催者側は、いつでも自由にこの爆弾を爆発させることができる。
・この爆弾はプレイヤーの生死を常に判断し、主催者側へプレイヤーの生死と現在位置のデータを送っている。(盗聴機能は無い)
・24時間死者が出ない場合は全員の爆弾が爆発し、全員が死ぬ。
・会場である孤島から脱出すると爆発する。
・実は嘔吐すると割と簡単に吐き出せるのだが、プレイヤーはそれを知らない。

【能力制限】
・会場となっている孤島全域には強力な結界が張ってあり、これにより魔法や魔術などの特殊な能力を持つキャラはその力をある程度制限されている。(完全に制限されているわけではない)
・しかし結界自体(かなり強力なものだが)魔術の類であるため、これを越える神秘(固有結界とか)は発動できる。矛盾。
・これにより039/高島一子は普通の人間とほぼ同じ状態になっている。

449 KB