エロゲはゲームじゃない。オタは韓流ババァと同類

1 :名無しさん@初回限定 :2006/10/27(金) 20:11:38 ID:EoqblBaW0

「美少女ゲームのインタフェースは、『萌え絵の静止画』『背景CG』『テキスト』
の3つだけで、ここ10年でほとんど進化していない」
「『最果てのイマ』(2005年)でテキストを囲むテキストボックスが採用されたことが、
ここ10年で最大の変化」と東さんは冗談交じりで語る。

PC技術は日々進化しているというのに、なぜ美少女ゲームは停滞しているのか・・・。

「キャラクターを動かしたり、グラフィックスを緻密に描きこんだり、
プレイヤーの自由度を高めたりすると、かえってプレイヤーからの反発を買うから」ということらしい。

「美少女ゲームのプレイヤーは、『リアルな感覚に近づく世界』よりも
『より妄想できる世界』を求めているんです。それなのに全てをメーカー側が作ってしまうと、
プレイヤー側の妄想の余地がなくなってしまう。
これが美少女ゲームのプレイヤーが技術の進化を嫌がる理由なのではないでしょうか」

「今の美少女ゲーム業界は、『いつかどこかで』見たキャラが『いつかどこかで』見た場所で
『いつかどこかで』見た恋愛をしている、という風潮を好んでいます。
昨今の韓流ブームとまったく一緒ですよね」
ムムゥ・・・、確かに韓流ドラマもある意味「古臭い」タッチで描かれている。
美少女ゲームのプレイヤーも、韓流ドラマに夢中になるマダムも、
求めているものは同じなのかもしれない。

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2500554/detail

7 KB