朝起きたら、妹に その14

112 :桐莉兄@キリ :2007/07/21(土) 23:47:43 ID:FzUYwgrN0

ネタバレ⇒桐莉を失って自責の念に駆られる隆浩を助ける為に、
これまた行き過ぎた息子愛で少し狂ってる霧佳が逆さ縛り首団を使って由紀をトラックで跳ね飛ばし、病院にも手を回して遺体を強奪。
研究中の複製体技術を駆使して由紀から桐莉の身体を作り出し、桐莉の記憶を移植。
以降、定期的に身体が崩れる桐莉を修復し続けると同時に、再生怪人を使って完全な身体の作成技術の研究を続ける。
隆浩は妹の記憶と幼馴染の身体(を弄ったもの)を持つ偽の桐莉を受け取り、嫌な記憶は封印。
生贄に由紀が選ばれたのは、同じ年頃の女の子でたまたま霧佳の目に付いたってだけの理由。
肉体を奪われた由紀の心は、首塚の力で具現化するものの、力の発動の元になった約束が四人だけのものであった為、
基本的に隆浩と七華と由紀以外は霊能力が無い人には見えないし触れない。
ただし、七華が巫女のバイトで身に付けた具現化能力や、妹波紋を介する事で、物理的干渉も可能になる。


因みに、設定は書きながら膨らませてるので、極力矛盾の無いようにとはいえ、時々変えたりもするんで。
結末がこの通りの設定に則ったものとは限らんですよ。

501 KB